ギャルコの高級鞄

     ギャルコの鞄を出品しました。

     この美しいカバンを購入したのは10年以上まえでしょうか・・・若い頃から憧れていたカメラを入れるための革の鞄、、ギャルコ社の手作り鞄をみた時 これだっ!! と、強い電流が走りましてね (^◇^;)

     出張撮影に出かける時に、この鞄で出かけるなんてすごくロマンがあるな〜♪

     なにしろ、惜しげもなく分厚い革をたっぷりと使ってあり、リッチな茶色仕上げが これまた魅力的でね〜(^。^)

     当時はギャルコの製品を撮影していたのでホルスタなどはすべてもらえました・・けど、これは別格で、なんと500ダラとかいう値段で、タダでもらいたいと言うには気がひけて、支払わせてくれと言いましたよ。たしかトモも注文していました。

     しかし、いざコレにキャノンを入れようとしたら・・・小さすぎたのです(+_;)タハハ
     仕事用のカメラバッグとなれば、200mmズーム付きボディーにワイドズーム+90mmTSレンズは最低必要で、まったくムリだったのですよね (^_^;
     そのうちにキャメラバッグとは、一式全部が収納でき、背中に背負えないと自分の仕事には使えないというふうになってゆき、ギャル子さんはスタジオの棚の飾りとしてイチローさんの心を慰める係となったのです。

     そして今、仕事は引退し、第1スタジオは使わなくなってきたので整理しはじめ、必要でないモノは売ってタマ代にしようというわけなのです。

     ここに載せたフォトは少し青みがかっていますが、じっさいはもっと暖かい素晴らしい色調なんです。

     こういう昔風の豪華な鞄が好きな人だったら必ず気に入ってしまう市品・・いえ 逸品という作品。一泊旅行くらいでしたらちょうど良いサイズです。
  たっぷりとごらんくださいな(^-^)/

Yahoo!オークション出品ページ

画像クリックで大きくなります。

↑このフォトの色が現物に近いですよ。

 

    どうやら、このモデルは、今でも作られているようですよ。

GalcoのHP

 

 

35件のコメント

    • 市

      あ、きたね♪ 感謝(^-^)/

      ところでフォトをクリックしたら大きくなる装置があつたような気がするのだけど・・・

    • elan

      編集画面で画像をクリックすると出てくる鉛筆マークをクリック。
      そうすると画像の編集ができるのですが、画像にリンクを張れます。
      その時に、リンク先をメディアファイルにすれば、大きな画像に飛びます。
      ただ、もともと大きな縦の画像だとそのままかも。

    • elan

      今ブラックウイドウのMBの2枚目の画像で試してみました。
      設定で別のタブで開くように設定してみました。
      標準の設定は、同じページのまま大きな画像に飛びます。

  1. MIZ

    ぎょえー!。
    欲しい!。
    イチローさん出品の品の中で一番欲しいかも。
    う〜ん。
    お小遣いさんまんえんぐらいしか無いぞ。
    どうするどうするどうする。
    えーい、とりあえず入札!。

    • MIZ

      いえいえ、私の守備範囲はイチローさん程広くはありませぬ。
      それにしてもこの鞄、完全に一目惚れ!。
      このカタチにこの色。
      これにキャメラ詰めてお出かけしたい!。
      この鞄は本当に「使いたい!」と思わせる雰囲気があります。
      あ〜、もう仕事してる場合じゃなくなりました。アタマの中は鞄でイッパイ!。

      なんて綺麗なカタチなの。
      あ〜、ドライブ旅行にもいいよな〜。
      革のいい匂いするんだろうな〜。
      こんなのも入るんですヨ〜、なんてレースガン出て来たり。
      しかもまるで新品のような状態。革の鞄って「ついウッカリ」で爪でキズを付けやすいのに。
      物欲最高潮!です。

      が!、残酷な現実が。
      これ定価が696ダラー!。
      どっひゃー!。
      さんまんえん如きでは夢しか買えぬ。
      ぐぬぬっ。
      来春に交換予定のタイヤ代からなんとかちょろまかして・・・。

    • 市

      ヤフオクで売ると なんやかんやで売り上げの
      3割はもっていかれるんですよね・・そして日本までの送料はこの鞄くらいだと5千円くらい。そしてこちらでは、また税金を払うのですよ (^_^;
      すると10万円くらいで売れないとモトをとれないわけなんです。
      でもそこまでは値がつかないと想います。
      なのでワッシとしては、
      個人間で直売りできるなら 3万円でもイイと想います。でも今回はもう遅いですけど・・・

  2. 須田浩之・スダヒロシ( ^ω^ )

    これはまた、優しい風合いを感じさせてくれる面立ちですね。
    造る職人さんの姿が垣間見得るかの様。
    変わらずに求められるのも
    尤もだと思います。

  3. elan

    とても素敵なバッグですね。
    これもまた本物の一つ。
    このバッグを提げて旅をすることを想像すると、それだけで旅が素晴らしいものになりそうです。
    でも、それは本物だとわかる。
    こんなに素敵なバッグが存在していることを知っただけでいい。
    きっと手に入れた誰かが大切に使ってくれるでしょう。

    そんな風に思うことを書いたエッセイがあるので載せますね。

    「本物」

     最初はなんだかわからない。色々なものを見たり触ったり使ったりして、挙げ句集めてみたりして、やがてこれだ! と思ったり、気がついたらたくさん持っている中から、結局その中の一つを使い続けている事に気がつく。
     その他たくさんは、箱に入ったまま眠っている。
     スナップオンの工具、六十年代の針が尖ったステンレスのロレックス、二十七年使い続けている真鍮のジッポー、ビクトリノックスのナイフ、アップルのマッキントッシュ、シュアファイアのタクティカルライト、ドイツ・フォアベルク社のコーボルト・ホームケアシステム・・・。

     昔、車いじってて、それこそエンジンやらミッションまで自分で積み降ろししたけど、その頃いろんな工具使ってて、高いけどスナップオンを買って使った時、その瞬間から他のレンチはゴミになった。
     ライターも、ダンヒルやらカルチェやらデュポンやらロンソンやら、その他ジッポもたくさん持ってるけど、結局、オイルと石だけ入れてやれば、いつだって機能するご機嫌なライターは、ジッポの中でも一部で、その中でもシンプルな真鍮のジッポが一番だった。
     一つ一つに、大げさに言っちゃえば歴史がある。自分の中の歴史。
    どれも本物。自分にとって時間の試練に耐えて残った本物ばかり。
     けれど、どれもお勧めしない。 なぜって、俺にとっちゃ本物だけど、誰にとっても本物とは限らない。それに本物は誰かに教わるものじゃなくて、実際に自分が使ったり見たり触ったりして、これだって思うものじゃなきゃ、自分の本物にはならないもん。
     ある日突然出会って、これだと思ったら、もう探しまわる必要なんてなくなる。これはもうほんとに、ある種の啓示みたいにわかる瞬間が来る。
     けれども、何が本物なのか、さっぱりわからない物の方がはるかに多い。見ても触っても使ってもわからない。カメラの本物はわからないし、万年筆の本物もわからない。
     それは自分に見る目が無いからだ。見ても触ってもわからないものはわからない。わからないから、たとえそこに本物が有っても、目の前を通り過ぎ、手のひらからこぼれ落ちていく。
     所有出来なくても、出会える本物だってたくさんあるだろう。それが本物だってわかっていれば、時々見に行ったりするだけだって幸せになれる。古い神社や国宝級の日本刀や、春を彩る一面の菜の花や、風に舞うサクラの花びらや、秋の紅葉やお気に入りの料理、至高の酒。

     本物をたくさん知っている俺は幸せだ。
     人間だってきっと誰かにとっての本物になれる。

    ※この文章、私が敬愛する自動車評論家の福野礼一郎氏の著書、「福野礼一郎の宇宙」の中に酷似したエッセイがあります。私の文章はまるっきりパクリみたいですが、熱烈なリスペクトであります。そういえば福野さんも自分の中の本物だなあ。

    • MIZ

      「本物」ですよね。
      私がイチローさんを敬愛する理由の一つが「本物」を観る目感じる心をお持ちだから。
      紛い物で妥協しないしっかりとした心をお持ちだから。

      「本物」は難しいですよね。
      値段や数や入手経路、そして知識と観る目感じる心。
      私もelanさんと一緒で、スナップオンのコンビネーションレンチを実際に整備に使った時から惚れました。工具はスナップオンとその他になりましたヨ。お金も沢山沢山使いました。三桁万円に近いですから。まぁキャビネットだけでン十万円しますから。
      これらを使う「乗り物」も満足のいくものを手に入れることが出来ました。
      数千万円もするようなスーパーカーではありませんが、私にとっての夢のクルマ夢のバイクだったモノ。
      もちろんこのために犠牲にする事は沢山沢山沢山ありました。簡単に手に入れれるほど裕福ではありませんでしたから。
      これらが数少ない私の「本物」。
      クルマとバイクは個人的主観の「本物?」かもね。

      良い物は値段ではないかもしれませんが、本当に良い物「本物」はやはり高い!。
      その背景なんかを考えると当然なんでしょうけどね。

      ただ、チョット納得のいかない「本物」の値段もありますが。
      それは腕時計。
      私は腕時計はブライトリング一択なんですけど20年ほどで同じモデルの価格がほぼ倍に!。
      ん〜。やっぱ40万の頃に買っとくべきだった。

    • chatter box

      オォ〜!elanさんに激しく共感です。
      ワタシもイチローさんと並んで福野礼一郎さんは大好きです。
      工具の選び方や車を全バラしてレストアした結果から導き出した答えなどの説得力は素晴らしいですね。
      そして、ギャルコのバッグ…。
      素晴らしいのは、写真からもビンビン伝わって来ます。
      しかし、入札はガマンガマン。
      なぜなら、ワタシよりも欲しくて、使いたい人がいるから。
      勿体無いかもしれませんが、こう言った物は使ってナンボ、スレたりしても磨くとなんとも言えないツヤが出てくる。そして、唯一無二の存在に、その時なると思うからです。
      乾燥しているカリフォルニアなら、それほどカビの心配も無いでしょうが、高温多湿の日本では、革製品の維持管理はタイヘン!
      使って使って、毎日幸せだと感じて欲しいなとワタシは思います。

    • ルシファ

      福野さんは、私も好きです。
      物事の捉え方、冷徹な眼差し…いわゆる「評論家」と呼ばれる人たちのことはあまり好きではないのですが、福野さんの言葉には「なるほど」と思わせてくれるものがありますね。
      「かくしてクルマは~」シリーズは、日本のモノ作りに関する本として、未読の方にはおすすめです。
      個人的には「皮革」がよかったかと。動物の死体から剥ぎ取った「皮」を「革」にしていく過程などは、なかなか記事になりません。
      で、今はクルマの革部分には決してクリームなど塗らない私なのです(笑)

    • 市

      ムカシ、ローレックスはバブルバックとかゆうヤツをもってましたよ・・かわゆかった♪
      今のローレックスはなんだかトシヨリの好みに合わないです。
      でもブライトリングは好きですわ(^。^)

      でもって、カシオのデジタル腕時計が出たら、そればっか使ってました (^^)

      けど、アイフォンを持ち出してからは、腕時計はしなくなりました。

      でも、外国に行くときは米国時刻を把握するために「エアマン」をタクレットに入れています。これは並み居る腕時計の中で市老さんが最も好きなやつです。24時間式というのが魅力のポイントなんですよね !(^^)!

      飛行機好きのMIZさんを撃墜できるような素晴らしい美品ですわん (^○^)/

    • MIZ

      イチローさん、グリシンのエアマンではありませんか!。
      シンプルな作りなんですけど実は24時間計!。慣れるまではチト戸惑う長針の読み方。

      う〜む。やはり素晴らしいものをお持ちです。
      あっちゃりと撃墜です。

      私は普段使いの腕時計は、正確時刻と電池切れの心配のない光充電の電波時計です。
      ケースはチタン合金。そしてこだわりの回転計算尺付き!。
      この回転計算尺がとにかく便利で。
      掛け算割り算はもちろん、キロ-ポンド、キロ-マルイ、キロ-海里などの換算が出来ますけどこんな事は使いません。キロ-ポンドは約半分か2倍。キロマルイは1.6換算。海里、ノット→キロは2倍して1割引く。なのでサッと暗算出来ます。(だいたいで。)
      日常で使うのは、この速度で◯◯◯㎞走るには何時間かかる?や、◯◯◯㎞を◯◯時までに着きたいから平均何キロで走ればいい?です。
      高速道路での移動では時間速度の予測と管理を正確に行えます。回転計算尺のベゼルを回すだけで。

      ブライトリングといえばこんな出来事が。
      2015年の小松基地航空祭で陸自のアパッチパイロットの方と話しをしました。その方3佐でアパッチの教官パイロット、会話中に左腕に目がいきました、そこにはキラリと光るブライトリングのナビタイマー!。「本職の方が着けていると素敵ですね」と言ったら照れながら、「やっと買える立場になりました」と話していたのが印象的でした。
      その方、なんと驚きの生徒隊上がり!。
      ちっちゃな才能をとてつもない努力で磨いた方でした。

    • elan

      やっぱり福野礼一郎さんのファンはここにもいましたね。
      市郎さんがガンレポーターとして異色と捉えられているのと同様、彼も異色の自動車評論家ですもんね。
      私はどちらの方からも長年に渡って強い影響を受けています。
      ちなみに福野さんもガンマニアでしたね。

      良いものは良い、美しいものは美しい。
      ダメなものはダメ、そう言ったことをメディアではっきりと言ったり書いたりするのは、なかなかに難しいことなのでしょう。

      ここはそういうことに共感する人が集まっていますから、心地の良さがあるのだと思います。

      市郎さんのバブルバックはもう手放したんでしょうか?
      実は私のアンティークも旅立って行きました。
      もう新しい何かを欲しいというのはなくて、充分に足りているのですよね。
      むしろ何を残すのか? 遺すのか? ということを考えるようになりました。

      「只足るを知る」なんてのは千年以上前に言われてたことで、それ考えると人間は一千年経ってもちっとも変わってませんねえ。

      変われるのは自分だけ。

    • 市

      古い箱入りのバブルバックだったよ♪
      赤文字入りのね♪
      安く手放してしまったわ ^_^;

      あと、サイナーも行き場を探してやらんといけんけど、これを大切に飾ってくれる人なんてナカナカいないのではないかと (^_^;

    • elan

      一時期バブルバックって人気が出て高かったような・・・・
      にしても店に置いて買い手がつくのを待つならともかく、売るとなると安いのが常で・・・

      サイナーっていうとこんな写真のやつですかねえ。デジタルパックが付いたり、キャノンの一眼がくっついたりもするようですけど、仕事でブツ撮りしないなら要らないってことになるんでしょうか・・・

    • 市

      そうなんよ、銃のクローズアップは全部このセットアップで撮っていたんよ(^^)

    • MIZ

      えっ?。サイナーの行き場って?。
      イチローさん、サイナー手放すのですか?。
      レンズはシナロン?。
      究極のブツ撮りキャメラですよね。アオリとシフトを駆使して。

      さすがにさすがに、譲って下さいとは言えない逸品です。
      ハッセルなんかのデジタルパックをセットして、ケンシロウ君やローガンさんへ引き継ぐのも一つの手では?。

      それにしてもビックリした〜。

      あ〜あ、ドナグさんの小説に登場する水谷社長なら「全てキャッシュで引き取ります」って言えるのに。

    • 市

      レンズは、初めはジムマー、そしてコマーシャルエクター、そして最後はフジノンでしたよ。
      包み込んで棚に上げてあるのでいつかムシボシがてらお目にかけますわ。

      記念に300台だけ作られたブラックボディーで、名前入りなんです。イチローさんが最も愛したキャメラです。

      超最高級の大型キャメラですが、こんなのゲットしても置き場に困るだけですよん (^◇^;)

    • MIZ

      イチローさん、サイナーPのブラック限定品ですね、シリアルナンバー入りの。
      世界300台限定品ですからね。
      プロのための本物の道具。
      機会があれば是非とも公開して下さい。

      シリアルナンバー163/300や016/300、160/300だったりして。

  4. KO-1

    お世話様です。
    除雪基地に1泊して今朝帰ってきた来ました〜 \( ˆoˆ )/
    え〜またまたこんな物をヤフオクに〜 (*^◯^*)
    う〜除雪で稼いだお金を全部貢がないと〜 (@_@)
    今日からまた梅干がオカズの毎日だ〜 _| ̄|○

    • 市

      雪かきのお駄賃でギャルコの高級鞄が買えるのなら、ワシもやってタマ代をば稼ぎたいな〜 (^o^)

      現場監督に雇ってもらえないか聞いてくれん?

      「仕事、はじめぇ〜」
      「仕事おわりぃ〜」
      の号令だけしか かけなれないけどさ(^◇^;)

  5. hk

    Galcoのホルスターには他にはない「何か」があるように思います。魂がこもっているというか…
    カスタムホルスターでは珍しくないのですが、マスプロのホルスターではなかなか見られません。

    なぜか日本では、ガルコと呼ぶ人が多いですね。ギャラガーさんのホルスターだから、ギャルコで良いと思うんですが。

    • 市

      ギャルコの社長さんは美術が好きなので、ホルスにも美を求めていましたよ。それであそこのモノは美しいのですよね(^^)

  6. センセ

    お久しぶりです。ああ、この鞄、トモ家で
    現物見ました。良いつくりでしたねぇ。
    でも私みたいな乱暴者はTUFF製品のような
    布造りのほうが心おきなく使えていいかな。
    汚れたら洗濯しちゃぇばいいし。
    でも革製品は味があるんですよねぇ。
    使い込むほどに落ち着いた感じになって。
    だから愛着をもって使い込んでくれる人の
    手に渡ってくれるといいですね。
    神棚に奉って毎朝拝むより毎日のように
    使ってくれる人の手に渡ってほしいな。

  7. KO-1

    お世話様です。
    今日は空が荒れてまして (><) 家が飛ぶんじゃないかと思えるくらいの風が吹いてますよ〜 :(;゙゚’ω゚’):
    雪かきのお駄賃は普通に稼ぐよりはもらえますが⁉️ 都会のお駄賃カラ見たら普通の下くらいですよ〜ん (−_−;)
    イチ様が現場監督に来たら楽しいでしょ〜ね〜 ヾ(๑╹◡╹)ノ”

    あっそ〜そ〜❣️
    イチ様 ナナさん ケンシロー 君ジュンちゃん❣️
    メリ〜クリスマ〜ス
    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    • 市

      今年は「クルシミマス」という言葉はつかわないのだね? カノジョとうまくいってるんだね?

      滅入りークリスマス (^◇^)

  8. KO-1

    メリ〜 さんの羊〜 \( ˆoˆ )/
    昨夜は泊まり番❗️そんなに雪が無いのに4回も出撃して来ましたよ〜ん (−_−;)
    で今は自宅の炬燵で朝酒飲んでま〜す (^O^)/▽

    イチ様〜❣️
    クルシミマス〜(><) には代わりはありませんが⁉️ イチ様家族にはそんな事は言えませんし ( ̄^ ̄)ゞ
    イチ様ブログのおかげで仲間が居ますので ヾ(๑╹◡╹)ノ”
    独りでも楽しいクリスマスですよ〜ん ♪(v^_^)v
    ただね〜(¬_¬) ヤフオクやイチ様グッツを飼い過ぎって破産宣告ですよ〜 ((((;゚Д゚)))))))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像をアップできますよ♪