コーティゾンを打ちました

    アポイントメントは10時半だったです。
道路が事故などで混むといけんので早めに出て受け付けに立ったのは20分前だったです。
     “そこらに座っておまちください”
・・・どーせ前回のように壱時間ばかし待たされるじゃろ・・今日なんかそれに20分加算されるじゃろ・・ふふふ(^^) オレはバカじゃないからな、まえのように病院でボンヤリと時間をやり過ごすような愚かな失敗はしないのだよ・・・
と、市彦は低くうそぶきながらMBをおもむろに開け、パソコンを取り出しながら周囲を見回し、もしも電池がきれたらあそこで充電しようと決める、そして、そういう気の効く自分はまだまだ認知症にはほど遠いのだと想い、オレはなんと鋭いのだろうかと満足していた。
これから呼び出しがあるまでたっぷりと小説でも書けるであろう・・きっと書くのに没頭しているころに美人の看護婦ちゃんが目の前に立って、ミスターナガタ♪ 私についてきてくださいな(^-^)とほほえみかけながらオレを個室へと導いてくれるのだ。
ふふふ、前回はそうだったからな、またあのような白人の美人が出てくるのだよ。まあまかせておけ、オレはこの病院については熟知しているのだ。だからこれから起こることの一部始終を事細かに把握してるってわけ、大船にのったつもりでここで待つのだ・・・。
こうして市彦は待合室に座る。患者は20名以上はいたので5分おきに呼ばれるとして100分はたっぷりある。薄笑いをうかべながらパソコを開き病院のワイファイにつないだ。さて、まずはニュースでも読むか、小説はそれからだ、なんなら30歩あるけばスタバがあるから珈琲など飲みながら書くのもオツなもんだ。
そう考えた刹那、
“ミスターナガタ? ご案内いたします”
顔を上げると白衣の男が立っていた。
“What? already?・・are you kidding me?”
えっ?  もうだってぇ? 冗談かい?
そう言いながらもソソクサとパソコを閉じてMBに収める。“こんなに早く始まるなんて想わなかったよ” と言いながら20人ほどの患者を見回す。まあ、考えてみれば皆が同じセクションを待っているわけではないからな、と納得しながらガッシリとした体格の看護師について行き示された場所にMBを置き、言われるままにベッドに横たわる。
“私の名はマイクです、質問があったらなんでも聞いてください・・・”
“いまからやるインジェクションというのはCortison shotというやつ?”
“はい、まあ、そういったものですね・・・”
“五月までには治らないとトラブルなんだけど、どう想います?”
“どうして五月なんです?”

鉄砲を撃つことをやたらとは言いたくない。中には銃反対派がいるので腰に毒針でも刺されたらいかんじゃないのよ ^_^; しかし隠すのもなんだ。ゴルフやると言って相手が詳しくて聴かれたらすぐにボロが出る。ま、相手はドクターみたいなもんだから信用しよう。

“ピストルのワールドコンペティションに出るので治らないとまずいのですよ”
ここで相手の目をじっと見る。どういう反応かが楽しみなのだ。
“おお〜!・・・” と彼は一瞬上を向いた、数秒の間があって、
“ちょうど私もリローダーを買ったんです!!”
と、嬉しそうに言うではありませんかっ!!
“どこの? ディロン?・・・”
“いえいえ、安いシングルステイジです・・私はライフルの精密射撃に凝り始めたところで308と223を撃っているんですよ”
“どれくらいの距離で撃ってるの?”
“今は500ヤードでやっています”
“射場はどこを使うの”
“クーリンガです”
“おお、あそこなら1マイルを撃てるよね”
“行ったことありますか?”
“数回行ったよ、あそこはたまにSEALティームが狙撃訓練に行くからね”
・・・と、話は盛り上がり、マイコ看護師はXレイの透視器具を見ながら準備を整え、話題はずっとライフルとタマのことばかり(^○^)
歯医者といい、ファミリードクターといい、レントゲン係といい、どうしてこうも鉄砲好きが多いのか?・・ほんとアメリカは凄いですよ。
     そこに小柄で細い女性が現れた。
     “ハーイ(^-^)/ 私はドクター ウニャウニャよ、インジェクションを始めましょうね”
ウニャウニャの部分は聞き取れなかった^_^;
こっちは上を向いて寝ころんでいるので名前を聞き返す気がせず、ハローとだけ言う。彼女は多分インド人ではないだろうか。ここらにはインド人の医師は多く、優秀な人が多いと聞いていた。なるほど目つきと笑顔に知性を感じる。
     “なにか質問あります?”
     “インジェクション、痛いですかね?”
     “あ〜・・そうでもないわよ”
     “エニウエイ貴女がボスだ、お好きに・・・”
     “まず麻酔の注射しますね”
     チクリとした、だが一瞬だけで痛みは続かない。女医さんは麻酔を打った左の腹をすこし揉んでいる。
     “ワッシは尻から打つと想ったのに腹からやるのですね?”
     “そうよ、こっちからのほうがジョイントに近いのよ”
     そこにマイクが割って入る。
     “ドクター、この人はピストルの世界大会に出るんだそうですよ、五月にだって・・・”
 “まあ(^○^)いいわね〜♪ 充分治るわよ〜”
 そこからまたGun談義がつづいた。
“ワッシは338ラプアが好きでね〜”
“おお〜!! 私の父もそれ持ってて、でもタマが高いのでゼロを出すのに100ドルもかかったとヒーヒー言ってましたよ〜(^◇^;)”
“308より223の方が当たるのかな?”
“ロングレンジでは223の方が当たりますね”
“うん、たしかにそういうとこあるよね〜”

初めは、マイクが患者の気持ちを落ち着かせるために鉄砲の話に調子を合わせようとするのかと想った、が、彼の興奮したような弾んだ話し方と知識はけして低くはない。
と、そんな印象を持ったところで、
“はーい、終わりましたわ” 
と、女医さん。
“ええ!! なにも感じなかったけど??”
“ええ 麻酔が効いていますからね・・・はい、では立って歩いてください”
     ゆっくりと立ち上がった。・・・痛みが消えていた。まったく痛くない!! うそのように!!

 “でも麻酔が効いているだけで、今夜あたりから痛みます。明日は目まいや頭痛などの副作用が出る人もいます。症状が重いと感じたらドクターに連絡してください。打った薬が効き始めるのは明後日からなので、二日間だけ静養してください。そして痛みが消えたら軽い運動を始めてください。この薬は8ヶ月間は効きます。痛みが再発したら、また打ちますから戻ってきてください・・・”
といった助言はマイクがしてくれた。そして、
“じつは、私CCWのテストを受けて合格したばかりなのですよ、ですから今後は拳銃の訓練をする必要があると考えていたところなのです・・・これについて何かアドヴァイスをもらえたら助かるのですが・・・” 

“オウケイ、2週間ほどしたらワシも練習を始めるので、互いのタイミングが合えば一緒にやりましょうよ・・・”
そういって携帯の番号を渡しました。
またも出逢いがあったというわけですよ♪

Xマイクという放射線の名手に出逢った市彦は、かねてから考えていたエックス殺人光線の銃と宇宙から撃てるX大砲、地表を焼き切りながら飛翔するX線ミサイルなどを共同開発して自衛隊と米軍に納入するのである。

     腰の痛みが元となってチャイナの日本征服を阻止できることになる、、いや〜歴史の大転換なんて、こうしたササイな出来事から始まるものなんですね〜(^O^)/
  

      by 誇小妄想の拳銃野老

鋭意 燃焼中

おっはばんよぉ〜(^O^)/

腰の痛みをこらえながら、相変わらず枯木を燃しています。
この作業はワリと重労働なんですよ。
枯れ枝だの樹の根っこなどをエイヤと持ち上げて火のところまで運んで投げ入れるのです。これを6時間もやると口もきけないほどヘトヘトになって、1度は貧血になりましたよ(^0^;)

まあ、枯木の燃えること燃えること!!
今は地面も空気も湿っているとはいえ、爆発的に燃え広がるのです。延焼しないよう慎重にやらないといけません。

見回せば美しい大自然・・・
心が洗われるとは このことです。


なんかすごいクッキーです(^o^)
これを食べるとタンパク質がたくさん摂れるんだそうですよ。

さてさて、今日はいよいよインジェクションの日です。周囲の人々のほとんどは腰の痛みを経験しており、かれらが言うにはコーティゾンとやらを腰に注入し、運がよければ直り、ワルければまた痛み出すと。
ちょっとばかしビアンキカップが心配になりましたよ(^_^;

トモ   大丈夫ですか? (;O;)
イチ   なぁに松葉杖使ってでも撃つさ(^◇^)

     どうせオマケで生きてるんだ、ナニがあっても受け容れて前向きに生きるのみよ(^^)

ハニビー訓練@長崎

2018年1月27日午後1時、長崎のケンさんによるハニビーを中心とした「社会福祉施設職員向け護身術講習会」が開かれました。

実はこの護身術講習会の種をまいたのは市郎さんなんです。2016年の冬に、市郎さんが「ハニビーコンセプト」を使い護身術を教えていかれたんです。同じ長崎の、まったく同じ会場で。今回のケンさんの講習会は、その流れをくんで、第二回ハニビー訓練となっていました。

参加人員は15名ほど。幼保の先生方、障碍者施設の先生方、学童保育の先生方、一般参加、前回訓練に参加して感銘を受けた市郎さんファンの方、などです。

前回も参加した保育園の先生は、今回かなり能動的に、果敢に暴漢に相対していっていましたが、保育園内で年2,3回ハニビー自主訓練を開いているそうで、とても動きが良かったです。それから、これは私は正確にはきいていませんので、間違いがあったらケンさん正していただきたいのですが、施設に刃物男が乗り込んできた、それも最近のこと。という職員さんが参加されており、危機感を持って取り組まれておりました。

内容の流れは、市郎さんを踏襲するもので、まず市郎さんの2016年のハニビー訓練のダイジェスト版ビデオを参加者みんなでみて、ハニビーとはどんなものか、2回目の方は振り返り、初めての方はコンセプト理解をするところからスタートしました。

その後、押し相撲でからだを温めたり、他人と体をぶつけることへの抵抗感を取り去ったりした後、アタッカーとディフェンダーに分かれ、突きとなで斬り(ケンさんはスタッブとスラッシュと呼ばれていました)を繰り出し、それを防御するという練習をしました。経験者の動きはよく、初経験の方も時間の経過とともに動きがよくなっていきました。なにやらチャンバラごっこの延長線のようで楽しんでおいでの方もおられました。

それから、ナイフの取り方、腕の押さえ方。ときて、実際のハニビーです。最初は大人数ではじめ、最後は女性3名による取り押さえに挑戦しました。

今回、ケンさんが特に注意されていたのは地面に相手を倒しても、肘や膝、手のひらを起点に立ち上がってくる可能性があるので、(具体的な方法はブログでは伏せますが)それをつぶすこと。犯人役の方が、完全に動けなくなるまでハニビーの取りつきを崩さないこと、その間に通報、応援を呼ぶことなどでした。自主的に、だと思うのですが、取り押さえた犯人からナイフを奪い、遠くに飛ばすことを実践されていて、感心しました。

残り時間で、ケンさんと元警官の佐伯さんによるさすまたミニ講座もありました。さすまたは効果が薄い制圧器の一つですが(ケンさんが実際さすまた抜けと反撃を実演されていました)、普及率が高いので無視できない器具です。これをいかに有効に使うか、という有意義な講座が開かれ、さすまたでも有効な使い方を知っていれば役立つ、ということを確認したところで全訓練時間終了となりました。

ケンさんからマインドセットのお話や、立ち話(今回の訓練は参加者同士の自発的ディスカッションが本当に多かったです)で犯人への取りつき方への考え方、それからいくつかの質疑応答がありましたが、それらは私が書くより、ケンさんが答えられる方が間違いがないと思いますので、その機会に譲りたいと思います。

全体として、市郎さんの訓練を継承したすばらしい「社会福祉施設職員向け護身術講習会」でした。

参加したみなさま、当日お手伝いを頑張られたマロンパさん、投げられ役、犯人役を務められた佐伯さん、参加しつつ、躓いているほかの参加者にアドバイスをしてあげていた市ファンの男性陣、なにより準備段階から大変な苦労をされた立石教授とケンさん、本当にお疲れ様でした。種をまいてくださった市郎さんありがとうございました!

by ドナグ

EVの時代が もうすぐ・・・

おはばんわぁ〜(^O^)/
冬の朝は寒いですからね、ストーブに火を入れるのが日課のひとつとなっているのです。

で、揺れ動く炎をながめながら つらつらつららんと考えていることは自動車界は今後どうなってゆくのかということなんです。
電気自動車は作りやすい、なので中国がジャパニーズの電池を搭載して格安のEVを世界に売り出し台頭してくる。
それに対してトヨタ、ホンダ、ニッサン等々は対抗できるのかどうか?・・・勝敗を決めるのはエンジンではなく電池の性能。
日本のクルマが、この新しい開発競争で脱落したら日本経済は下降に向かうという重大な曲面にあって政府はどのように対応しているのか?
これはオリンピックだの野球だの相撲などでの勝敗どころではないのに、それほど報道されないのですよね。

みなさん、EVの未来について語り合おうでは
ありませんか!!

     市 (^^)/