スタビライザーは上に

これは2017年に作ったスタビライザーですが、上に付くのです。太股のあたりに付くのはジャマクサイと感じるので上に付けたところ、スコブル気持ち好い♪


木のブロックに13mmの穴を開けて通しただけ。試してみる価値は大ありですよ。

こっちは2番目に作ったもので、少し薄めです。ピギタンにあげようと想ったのですが、お太りな御方だといらないそうで(^◇^;)


ところでワッシのDAAですが、ロックレバーを切ってしまいました。ドロウするときに レバーが指に触れて痛いのです。スティル チャレンジやビアンキカップでは、オープンカテゴリーの銃を撃つ時には、銃をバッグから出してホルスに差し、撃ち終わったらバッグにしまうのが主流なんです。銃をホルスに差して歩き回ったりはしないものなんです。だって、落としでもしたらサイトが狂ったり失格になったりしますからね。ロックがあるから安心だなんて想うのはアホ。ひょっとしたことでロックが解けたら銃が落ちる可能性は大ですから。ロックは無いほうが、扱いが慎重になるし事故の要素も減るのです。マッチホルスタとは、そういうものなのです。

ところでDAAのロックがジャマで思い切ってドロウできないと想っている人っていないのですかね〜??フシギダ

まあ、そういうことが解るのは54歳を過ぎてからなんだよ。どうしてかって?・・・だってロック五拾四だろが。

(^o^)(^○^)(^◇^)(^-^)ヤッター!!

元旦の作は ホルスの安定板

寒い寒い(◎-◎;)
元旦の朝はマイナス6度!!
工場なんて行ったら、さすがの闘士も凍死しますわい(^0^;)

なので、自分の家でだれでも簡単にできる内職みたいな仕事、をやりますよ(^^)ははは

はい、まずカイデックスの板を用意します。厚さは2mmほどのヤツです。このように切り込みを入れてください。切り込みはカッターナイフで10回ばかり筋を入れて、あとは手でモミモミすると切れますよ。
寸法は自分で型紙を作って決めてください。


次はドライヤーで真ん中の部分を温めて このように曲げます。これがクサビの役をしますので厚さは3cm内外でよいでしょう。温めて、と言ってもけっこう熱いので少なくとも片手には手袋をしたほうが楽ですよ。


次は、両側の部分を温めて温めてこのように反対側に折ります。これはベルトループですからベルトを通した状態でやらないといけません。カイデックスをうんと柔らかくしてからギュウと板などで押しつけると角がシャープになりますよ。それと板の全体を自分の太股に押しつけながら胴体に合うように湾曲させてください。


はいっ!!
簡単に出来上がりっ(^^)

・・・とはいえ、カイデックスの経験がないと手間取るでしょうから、ドライヤーの加減などを練習したほうがよいですよ。カイデックスを扱えると様々なモノを作れるので、自分の技術巾が広がります。

自分の巾を広げるということは、心の優しさを磨くことであり、教養も必要ですし、もっとも大切なことは洞察力を向上させることです。

洞察力とは 人を見抜く能力、自分の道の向こうを識る能力、そして世の中の仕組みを識ることなどです。日本人を識り、外国人を識り、それぞれの文化を研究し、自分に欠如している部分を認識することです。

優れた価値観も、この洞察力から産まれてきます。

ですから、さあ皆さん、
せっせと市ハンガーで遊び、より使いやすくするために自分ナイズさせていきましょう。
あっ(^_^; いや、これはコジツケの我田引水というわけですが、ワッシは今はもうF-19の改良に余念がないので、あと4年はテッポに狂いまくることでしょう。許してくれよな。

えらそーなこと言うててもラチがあきません。まずは興味を持ったものにチャレンジすること。これでけっこう自分の道は拓けてくるものです。

研究心、探求心、好奇心、
これらも成長のエッセンスですよ。

そうそう、
この板の目的はクサビの効果だけではなく、ベルトの内側にくる板がホルスをガッチリと保持してくれるので、よりドロウが軽快にできるようになるんですよ。ちなみに、このベルトはタフプロの柔らかいものですがタイト感があります。ベルトをいくら硬くしても、ホルスの部分が揺れるのでは効果などありませんからね。今年は、市ハンガーに合うベルトをディザインしたいとも考えています。

あっ!!・・・
ただね、こうなってしまうとバックルをベルトからスイと外すことはメンドウになります。そこんところはどうするかといえば・・・

じらーーーーーーーーーす(^_^)

とにかく・・ですね、
市ハンガーがあれば、もうそれだけで充分にドロウが速くなりますから、練習に明け暮れながらカスタマイズをかんがえましょうよね。

市 ザ カイデックサー (^◇^)(^○^)

クサビを試そう

突然、周囲の人々が大騒ぎしながら床下や建設現場の下などに隠れました。宇宙人が来て人間をさらうと言うのです。
しかし、どんなに隠れていてもフイといなくなる・・次々と人々が消える。つまり掠われるのです。イチも隠れていたのに、いつのまにか広い場所に横たえさせられていました。恐怖感はなかったです。やがて股間が気持ちよくなり、コチコチに硬くなって射精させられました。

“ああ、そうか・・子供を増やすために精子を抜かれているんだな・・・” と解りました。

射精は数回つづきました。
そのためにモーレツ気持ち好くて叫び声を、

あ、あお〜ん(^◇^;)

我々の神の望みとは、生き物すべてに子供を作り続けさせるだけ、ということでした。そして、我々はけして創造の神を見ることはないでしょう、ということも解りました。神は異次元に存在していたのです。

養鶏所でのニワトリたちは人間を見ますが、地球養人所では完全なる遠隔操作なのでした。でも、それを知っても幻滅感はなく、むしろ納得していました。

あまりにも気持ち好くて、3時に眼が覚めてしまい、ストーヴの前で暖まりながらコレを書いています。心地よい余韻にひたりながらね(*^_^*)

いや〜(^0^;) ルーさん、
素晴らしい初夢でしたよぉ〜\(^O^)/

ショクン、これが解った以上は くよくよしないで自然に身をまかせて出来るだけ楽しく過ごそうではないか!!

で、楽しいといえば市ハンガー∈^0^∋

このお二人さん、楽しい正月を迎えていますね〜♪

趣味のある人は好いね〜(^◇^)

趣味のない人は、サミシイね〜(>_<)

創造性もチャレンジ精神も歓びも趣味から生まれてきますからね〜(^。^)

そこで新しいアドヴァイスを。これらのフォトをシゲシゲと観てくださいな↓

ようするに、自分の腹肉に合わせた形のクサビを作ればいいのです。なぜかって?・・・今どきのホルスタって真っ直ぐにさえ抜けばスルッと抜けるじゃありませんか・・だけどちょっとでもひねったりするとガキッと噛まれたようになって引っかかる。これがドロウミスというやつです。とくにホルスタは外側にハネ上がりやすいですよね。これはウエイスト(ウエストは西のこと)がくびれているからです。腰骨もそこで終わっていますし、どうしてもホルスは外側にハネ上がりたがるわけですよ。つまりホルスが銃について上がってこようとするわけです。このためにドロウミスがおこりやすい。

そこで、胴とバックルとの間にクサビを入れてみたのです。イチはバックルを逆さにしているので、ロックを操作できるように複雑な形に作りましたが、まあタメシに木片でも切って入れてみてくださいな。ベルトの内側にハンカチ1枚入れただけでもホルスのブラブラは止まり、ドロウ感が向上しますよ。クサビだと効果は絶大です。

一方、ドロウの練習では銃を抜き上げる方向を厳密に規定し、毎回正確に抜くということに注意しましょう。ゆっくりと何回もくりかえしながら、段々にスピードを上げていきましょう。

なに・・・?

太っているから胴にベルトが食い込んでブラブラしないだって?・・・

そりゃ馬ラヤシイけど、食費はかかるしトーニョー病とドロウスピードとの交換ではオモ死ロクないなぁ〜

(^o^)(^○^)(^◇^) 市

しかたがない レストを仕上げよう

今日は朝から16時間くらいは泣いていたのだと想う。やがて号泣は止み、数時間もひくひくとしゃくり上げていたらナナ奥の作った餅を食べたくなり砂糖醤油に付けて海苔で巻いたのを3個も食べたら遅タンの悲劇による心の痛みは薄らいだ。普通の人だったらショック死するか不治の病に罹る、またはそこらの通行人を誰でいいから殺すようなことになった筈だが、ワタシの精神は強靱なので回復できたのである。

よし、1mmのレストを仕上げてみよう。そう思いついてグラインダーで形を整え、バーナーで焼いて色点けをすましてからF-19に取り付けてみる。レストのアングルを変えながらドライファイヤを繰り返してみると、やはり可変式は必要だと感じた。

では、2mm厚で本番用を作ろうと決めた。新しい痛みは古い痛みを消してくれると伊丹の人が言っていたのを痛み入りながら聞いたことがある。使わなくなった1mmチタンの試作はヘンリー氏が16億円で購入してくれるそうなので、まあ安いとはいえ、これだけのカネが入れば、晴れ晴れからだと言ってタマちゃんに柿右衛門の茶わん皿一式くらいは飼ってやれるだろう。

さて、左のがサンプルで、そこから型紙を作ってみた。これをもとに2mmチタンで最終的なモデルを作るのだ。

電気鋸とベルトグラインダーで形を作る。最近はチタンばかりを削っているのでベルトの消費が多く、ミチローゼンを含む町中のベルトを買い占めたがために あの有名なテロリスト夫婦であるケズラー&ケズリンヌではないかと疑われFBIの 調査が入ったほどだ。

あとは曲げるだけとなった・・・スロットの右の方が太くなってしまったが、太くなったのは不徳のいたりとは申せ、ワタシの工作機械はチタンを持てあましているという現実があるわけだ。


曲げるのは存外うまくできた。丸い形ゆえアングルを変えても不自然さはないだろう。そしてやはり2mmチタンは剛性があって良い。1mmだと曲がりはしないが、なんとなくビヨビヨ感がある。

F-19を分解するためには、このスライドキャッチを抜く必要があるのだが、どうやら どのアングルでも抜けるようだ。これは嬉しい!! 遅タンの悲劇から立ち直ってニンマリ顔も出てくるというものよ。

もうひとつの懸案はレストとセフティーの距離だった。これが近すぎるとせっかく作ったセフティーを短縮しなければならない。だが、ドロウしてみると違和感はない。この心配がなくなったのは有り難いことだ。もう大笑いできるところまで精神は回復したナ。

どうやら完成が近づいたようだ。これならF-19はさぞかし撃ちやすいことだろう。ビアンキカップは長年エントリーしてきたが、ここまでカップガンを煮詰めたのは初めてのことだ。

しかし、新年になってこんなに書いているのにマロンパのやつは出てこない。あのウルサイまでの名物男がやってこないのは淋しいことだ。日ごろの行いが悪くてコンピータに嫌われたのだろうが、おい、マロンパよ、ドロンパしてないでコメントをメイルでよこせ、したらブログに載せてやろうじゃないか。

と・・そんなバカを言ってるうちに大晦日は過ぎゆきつつあります。明日はアメリカの元旦です。たまには安息日をもうけて何もするなという神のお告げなのでしょうね。神といえば、ワタシはキリストが神の使者として存在したというハナシは信じられないでいるし、マリヤさんも熟睡していた時に夜這いをかけられて妊娠したのだくらいにしか想っていない。このためにMIZチタンはクリスマスの郵便ラッシュというシステムの中で巧妙に遅延させられたわけで、これはいわゆる天罰なのだろうと考えている。しかし、これが天罰とは神様もスケールが小さいね。ワタシが神だったら、イチをソーセージにして熱いローラーの上でころころと無限に転がして永遠の苦しみを与えたるけどね。しかし、それじゃ神とは言えないか・・・それは悪魔のやることだが、あいにく人間よりも悪辣な悪魔って観たことないしな。

かと言って、無神論者ではないのですよ。このユニヴァースは ある意思によって創造されたのだと想う・・・その意思の持ち主はだれなのか?・・・

ああ、そんなことをツラツラツラツラと考えていたら眠くなってしまいました。果報は寝て待て、だから家宝は寝て待つことにします。

つれづれの、市(^-^)/