LEUPOLDのズームスコープ 3.5〜10倍

 

リューポルドのスコープは、アメリカでは有名な存在でした。多くのスナイパーやハンターによって使われ、安心銘柄として誰からも信頼されていました。

ナ○○のスナイパーライフルには リューポルドが同梱されて納入されたり、レミントンのライフルにも搭載されたりしています。ところが・・ここ数年、リューポルドは評判がよくないのです。たしかにワッシが覗いてみても凝視がしにくいと想いました。目の焦点を定めにくいというか、目が疲れるというか、タスコが作っていた「タイタン」のほうがはるかに安心して覗いていられるのです。多分、これはレンズの研磨精度が落ちているのではないかと感じました。そのことをナ○○の社長に話すと「そーなんだよ、ルーポードの質は落ちたので今後ウチではどうするか考えているところなんだ」と渋い顔をしていました。

こうして10年ほどが経ち、アリゾナで開かれたポリス スナイパーコンテストの取材に行ったところ、なんと出場者の90%がナイトフォースを使っており、リューポルドはたったの1人だけでした。イチさんは 聞き回りました。

「どうしてナイトフォースを使うの?」

「これが最も信頼できるからさ」
(みんな異口同音に)

「ユーはルーポードを使ってるけど、どうしてこれを選んだの?」

「署の倉庫にあった狙撃銃にコレが搭載されていたんで、そのまま借りて使っているんだよ」

今は、新鋭ナイトフォースの時代なんですね〜

で、ところで、どういうワケかイチさんの家にリューポルドが1機ありました。かなり古いです。3.5倍〜10倍という、当時としては立派なモノです。でも、どうしてウチにあるのか記憶にありません。ただ、覚えていることは、これをひとしきり覗いてみて良いと感じたこと、そしてこれをライフルに搭載はせず、スポッティングスコープとして使用していたことなんです。双眼鏡よりもよく見えたので。で、これにはリングが着いておらず、付けたスリ傷もありません。新品のようにキレイな姿なんです。

うーむ・・・(@_@;)・・・
もらったのか・・買ったのか・・・
想い出せない。
この記憶力の悪さよ(;。;)トホホホ

ともあれ、もはやこれも必要はないのでヤフオクに出品しました。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d341306258

イチキロバイト脳の市 (;O;)/

トミーガンのバックル

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q267773890

このトンプソンのバックルを見つけたときは想わずニヤリ(^ニ^)

だって、こういうのでベルト締めて街を歩くなんてオッシャレじゃーん\(^O^)/

KOちゃん、
このバックル、誰も欲しがらんのでUがゲットね(^-^)/ いろんなバックルを額に並べて壁にかけると 家の空気が豊かになるんだわ(^◇^)

そんな家を訪問した まあまあ小綺麗な中年のオナゴはKOちゃんのご機嫌をとりながら絶対に帰らないと居座るわけだが、そーゆー場合はシカタナイ、彼女から薦められた雪ナダレ保険に加入するしかないかな(◎-◎;)

ドンガドンガ ドンガラガッシャン!!!
ガラガラガッシャーーン!!

\(◎市◎)/!

着古しジャケット

KOちゃんに告げるんだがナ・・・ 
 

ヤフオクに出ている このジャケットを落札しなさい。

これは、1996年にコロラド州のモントローズにあるサンホワン射撃場で開催されたハンドガンナーマッチのときに買うた記念のジャケットなんだ。
銀色に輝くキレイなもので、着やすいところもあって年中着ていたもんじゃ。

刺繍がこれまた鮮やかでな♪
これを着ていたら若いオナゴにモテたもんじゃ(^o^) KOちゃんもそろそろ若いのを狙っているという某マロンパからのウワサを聞いたような気がするんで、これを薦めるわけじゃよ(^◇^)

“あーら、KOちゃん(^-^)・・ステキじゃない・・そのジャケット・・・古くて焼け焦げまであるけど、きっとなにか忘れられない想い出を背負っているのね・・・好きよ、そういう孤独感のある男って・・・”

なぁんてことになるの請け合いだよ。
若いオナゴの人気を集めるの絶対だよ!!! 

だから、このジャケットを着て仕事やお祭りに行くんだゾ。

いいねっ(^_-)-☆

なお・・・当者は、若いから佳いオナゴかというと大ハズレもあるわけで、そうなったときの責任は一切とりません。

また、本ジャケットを観てもなんら関心を示さないオナゴもほとんでありますが、それについてもなんら責任は負いません。

でも、163円なら市殿堂に飾ってもイイじゃんかよ ∈^0^∋

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c711940265

市 The Oshiuri 

9mmカービンを飼うた日

その日は、銃のクリーニング道具が必要となり箱入りキットを見つけるためにスポーツショップに行った。そしてオモイキシ大きな道具入れを手に入れた。これは ライフルを試射するときの銃座にもなるというスマートな箱だ♪

で、とうぜんながら この後には「鉄砲売り場」にもオモムク。そして、あっ!! なんとルガーカービンが飾られているではないのっ!!

“ヘイ、あれを見せてくれ〜!”

さっそくゲットした掃除箱をカウンターに置いてカービンを乗せて眺める。

“だんな〜・・こいつはええもんでっせ〜”

“ああ、知ってはいたよ・・だけどキャリフォニアでは発禁だと想ってたわ・・・うーん、なかなか良いなぁ〜・・・それにしても、こいつはAR-15よっか危険なアサルト銃だと想うんじゃが、どうして禁止にならないんだろな〜・・・”

“銃を取り締まる法律を作るヤツラがバカなんで見逃してるんじゃありませんかね〜”

“・・・グロックマガジンが使える設計ちゅうのは素晴らしい!!・・ようし、1挺もらっとこうかね〜。ナニ・・600ドルだってぇ?・・安サラリーマンにでも買える値段っちゅうわけか〜。それでこの作りたぁ有り難いな〜♪”

と・・・いうわけ・・ですけど、このストーリーには改ざんがあります。だってキャリフォニアで銃を買ったら10日間待って渡してもらえるわけですからね。つまり、この日はカービンを受け取る日、つまりカネ払って登録したのは10日前というわけ・・・でもそんな些細なことでメクジラ立てるのはチンケな人間のやることで、大筋で面白ければエエじゃないですか(^◇^)

なに?
たいしてオモシロクはないと・・・?

いや〜(^^) ワシは面白くてシカタなかったですよ。だって、このトシになっても心から欲しくなるテッポと出逢えるなんて、そりゃ愉しくてたまらんですからね〜\(^O^)/

と、嫉妬2ちゃんねらーのゲキリンに触れることから9mmカービンのハナシは始まるのデアル。

市 ∈^0^∋