2回目の4イヴェント

バリケイドから撃ちます。
もちろん今は35ydだけ。
制限時間は6発8秒・・ですが慣れるまでは1〜2秒のオーヴァータイムを許す。これで左右24発ずつ撃ちました。

左側だと左寄り、
右側は ちょっと上という結果です。

次はクッションを貼るべきか、Xリングの端を狙って撃つべきか・・どうしようかと考えています。

こちらがプラクティコォ射場です。
50ydまで撃てます。
雑草も枯れて気持ち好い♪

  

10〜25ydまでは、やりました!!
これならトップクラスの成績です。
とにかく10ydが良くなりました。
自分でも、信じらんないよ(^◇^;)

50ydからの12発を加えると・・・!!

おおう(^o^)
これぞ、まさにハイマスターの腕前よ(^ニ^)

プレイトはかろうじてクリーン ^_^;
4秒ステイジでは、4.02と4.2秒・・・
まあ当てたから許す(^^)

ここは、もっと練習せんとね。

難題のムーヴァーは・・・

うーん(>_<) 10&15ydが悪いっ!!

それにしては25ydがワルクない(^_^;

どうもチカラが入らないのです。
強く握る、とかではなくて、心のモンダイなのですがね。それに若い頃のようにダットをビシッとXリングにステイさせられず、ゆらゆらが止まらないのです。本番では、この揺れが大きくなりますからね〜(^_^;)

とにかく、もっともっともっと もぉ〜っと 家でのドラファイをやってトゥリガープルのタイミングを身体に植え付けないといけない、と感じました。

それと 腰と背中の痛みも、うんとプローンをすることで治していこうと想います。腹ばいになると痛むので、これに慣れないといけません。去年のカップでは、伏せると腰に激痛がはしりましたからね。

で、さきほど屋内でプローンを20回やったところ痛みは軽くなりましたよ。このあともまたやりまっす!!

チェストォー!! (^市^)/

ナガトのペン

 

昔、一世を風靡したウィルスンの1911カスタム。ビル ウイルスンは優秀なビアンキカップシューターでもありました。彼は自ら試合に出ることで1911カスタムはどうあるべきかを見つけたのです。

そんなビルが、こんなペンをくれました。
普通のただのペンです。

ところが、
NAGATOとミススペル(^◇^)(^o^)
大いに笑ってウィルスンナイフの入った引き出しに入れ、そのまま十数年も眠っていましたよ(∩.∩)

奉公に出しますので、
笑って治めてやってくださいナ (^0^)ノ
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j551899849

エグザクタ VX

ミーやんがエグザクタを狙ってるようなので、ちょいとアドヴァイスしませう。と、いってもワッシはエグザクタのことは何も知らんのよね。高校写真部のころ、新宿のガード下あたりに高級カメラ屋があって、そこにエグザクタが並んでおったのよ。だけど恐れ多くて見せてほしいなんて言えない。誰もエグザクタのことについて語らない。値段は今の価格で2ヒャクマンエンくらいはしていたかも。アレがあれば、どんな写真も簡単に撮れると想っていた。とにかくライカやローライの上をいくスーパーカメラだと想っていた。

とにかく、その圧倒的な存在感が凄かった。キラキラとダイヤモンドのように輝いていた。後になって一眼レフの元祖だと知った。ペンタックスがクイックリターンミラーを発売し 雑誌の記事を読むまではエグザクタはカメラの王者だと想っていた。

とにかくエグザクタのことは忘れられない想い出として鬱陶しいほどに焼き付いている。

だから、大人になったら三台も飼ったよ。
仇打ちなわけね(^◇^;)

で、最初にゲットするのは、このVXが好いと想う。その理由は、カッコイイから。そして安いから。これで100ドルくらいだった。コレなら部屋の装飾品としてほどよい価格だよ♪

イハギー、ドレスデンなんて書いてあって本物の香りも豊か(^。^)

ペンタの形も気をそそる♪

なんというゴージャスなディザイン!!!
オリジナリティーの濃い、この輝き!!!

レンズも聞いたことない名前だ。

クロームの綺麗さなんてハッセルより上よ!!

ちゅうわけでさ、エグザクタはコレひとつあればいいのっ!! 角窓だの丸窓だのは欲しがらなくていいのっ!!

でもね〜・・・もしもフトコロに余裕があったら「アサヒフレックス」がオススメよ♪  そのうちに見せたるけんね(^O^)/

クリーニングしてなくてスマンの市 (^-^)/

あっ、ジャパンでは「エキザクタ」だった。

4イヴェントを始める

今年は、なんか意気込みがちがいます。
鼻息荒く意気込んではいませんが、丁寧で粘りがあるんです。コレこのとおり、ミッキーと一緒にバリケ射場にも雑草キラーを撒いて快適に使えるように整備しました。

これからは週に2日は ビアンキカップの4イヴェントを撃つことにしたのです。

いよいよMIZチタンウイングを使います。
まずは様子を見るためにウイングには何も貼らないで、そのまま撃ってみます。

バリケは35ydが一番難しく、弾の飛び癖が最も大きく顕れるんです。まだ不慣れなので弾痕は散っていますが、左側は左に、右側はまずまずというところですね。これで もうすこし様子を見ましょう。


次はプラクティコォです。
これは、毎回フルコースに挑戦します。
今年は10ydの基礎練習をかなりやったので楽しみですよ♪
プラクティコォの成否は10ydの12発・・とくにウィークハンドにかかっているのです。つまりウィークで失点しなければ、80%は達成できたようなものなんです。あとは得意のプローンでやっつけるだけ(^^)


Oh boy!! (ずげえ)
10ydは巧く撃てました。
すごく落ち着いてイメージどおりに撃てました。「自分の射撃が出来ました、はいっ!!」ってなもんです♪
ちょっとドキドキしましたね(∩.∩)


さらに15&25ydを撃ち加えます。

オイオイ、全エックスじゃないのよ(^。^)

しかし 新しい省エネプローンを試したので背骨と腰が痛くなりましてね〜(^_^;)

50ydもストレスなく撃てました・・けど、左側のターゲットでは右上に飛んでいます。これはサイトのせいではなくて自分のトゥリガープルのせい。でもタイムリミットに気をとられ Xリングをミスした自覚がないのが気がかりです。

ま、ともあれ初日の成績としてはモンクのつけようはありませんけどね♪

フォウリング プレイトですが、去年は10ydでミスッて悲しかったので、今年は気張ります。
プローンが出来ている者にとっては10ydのスタンディングが最強の敵なんです。なので練習試合でのコースは特別なメニューでやります。
1  10yd 6秒6発 2回
2  13yd 6秒6発 2回
3  16yd 6秒6発 2回
4  10yd 4秒6発 2回

最初は試合と同じ。次は3歩さがって撃つ。次はさらに3歩さがる。ラストは10ydにもどり 4秒間で撃つ。4秒のときは、タイムリミットにこだわらず、全弾ヒットをめざす。

同じ48発を撃つにもクフウが必要かと。15yd以降のプローン射撃は本戦直前にちょっとやればイイと想っています。

ともあれ、どうも10ydは自信が持てないので、まずは安心して臨めるだけの技術力を磨きたいところです。で、初日はクリーン、だけど弾痕の散りが気になります^_^;

さて、宿敵のムーヴァー!!

右が10&15yd、左が20&25ydの結果です。

うーん・・・(◎-◎;)

さすがに手強いっ!!

トゥリガータッチに全力を注ぐのですが、ターゲットを追うのもトゥリガーを引くタイミングをとるのも すごく困難です。

これでも最善を尽くした結果なんです。

ムーヴァーはいつものように遠かった(^◇^;)

4イヴェント撃っただけでヘトヘト。

と、言いながらも、
この後で2時間も遠射拳銃を
撃った市ヽ(^0^)ノ