フォトの添削を試みました

やれやれ、ここにきてアメリカのコロナは大増殖です。病室に空きがあったフレズノでもソロソロ患者で埋まってきたそうです。

思い切って、全世界で団結、食料を買い込んで1ヶ月間の外出禁止を実施したらどうなんでしょうね・・

たぶん発狂する人が多発するでしょうけどさ🥵

・・・・・・・・・・・・・

さてさて、
投稿してくれた方々のフォトをハズカシながら(いやいやいやいや、日本ではヘリクダラないと高慢チキだときめつけられるとマロンバが知らせてくれたので)😁

皆さんのフォトを添削してみました。ここにオリジナルと添削後のフォトをズラズラズラと並べますので、どこがどう変わったかを自分で発見し、箇条書きにしてコメントをくださいな。

 

構図やライティングというのは「主観の世界」なので、正誤なんてありません。「好きか嫌いか、その中間のどこか」という判断でよいのです。ただ、見る人がどれだけの「観察力」を備えているかで「主観の質」も変わります。細かな観察ができれば「鑑賞力」がアップします。他人から好かれるフォトを撮るには、まず自分自身の映像を「冷静に鑑賞」することが大切です。

人の心は不思議なもので、自分が撮ったフォトは1番良いと思い込む性質があるんですよね。「これは良いはずだ、なぜなら俺が撮ったんだから」という心理ってあるものです。イチローには最初からコレがなかった。誰の作品も先入観なしに見ることができた。高校の写真部からは各自の写真をまとめてコンテストに応募してくれていたのですが、常時入選するのはイチローのみでした。他のも良いと想うのに、どうして自分だけなのかイチローには判らなかった。つまり、まだ鑑賞力がなかったのです。そして今は、他人の作品を見ると「ココはこうしたほうが視覚的に向上する」ということが認識できるようになりました。作品を見ると、作者の情熱や注意深さ、人間性まで感じられる時すらあります。いつの間にかイチローの内部で鑑賞力が育っていたのです。

鑑賞力の向上!!
これを目指しましょうね😊

じっと凝視する。
これで鑑賞力は育ちます。

なお、届いたフォトのサイズが大きいのや小さいのがあり、小さいのは画面が小さくなっています。

ブログ容量の節約もあり、コメント欄にフォトを下さる場合は500KB前後でいただけると有難いですよ。

では、はじまりー♪

アングルが高くてズリ落ち感があるので低くしよう。スライドあたりの描写も甘い。銃口あたりのトリミングに鋭さがない。マズルへの補助光を明るくする。

ここで真っ白な文字はデシャバリ過ぎ。こういう場合は画面の基調となる色から持ってくるのが好いんだよ。カラーコーディネイションされると品格を感じるものよ。白は野暮い!!

大胆に撮る!!
   見せたい部分を強調する!!
    しかし端正さを失うな!!

バットンはプロ級になるんだから厳しくどやす😁

晴れ晴れくんは銃の肌を見せるように撮らないといかんね。無駄な空間は省くのはもちろんだしね。じっくりと考えよう♪

ミーやんのは露出オーヴァーだな。だから質感が薄れて軽く見えてしまうんだ。忘れていたけど、露出も大切そのものよ。

ま、まぢか!。

なんと凄いことなんでしょう。プロの写真家(今更銀河一だなんて言わなくても・・・な。)が評価、添削してくれるなんて!。
こんな事、お金を払って教室に通うか、雑誌の応募に入選するか、でしょ?。
そりゃー気合いが入るってもんでしょう。
(お金も使うでしょう。機材に。)

で、ワタクシメの写真。
トーゼンの結果の『濃淡』によるメリハリ。重要なのが『角度』!。チョイ銃口上向き!。こんなの教えてもらわないと意識しないでしょ!。
ほんの僅かなんでしょうけど、確かに変わる!。

イヤイヤ、スゲーや。
イチローさん、ありがとうございます!。

銃口が少し下向きになっているので、上向きにしたことを見逃さないでね。見比べると気になるでしょ♪

1.赤背景のやつ
・左右の余白を上下と同じにしたので収まりが良くなった。
・左下の影が無くなることで画面全体のバランスが良くなった。
・四角い形の被写体を四角い枠に入れると動きが無くなる。動きを出すにはGUNの向きや撮る方向を変える必要がある。

2.RMR付きのハイキャパ4.3
・左下、右上の光に影を入れることで銃本体のみに目線が向くようになった。
・光の当たる場所が下から大中小と3か所に別れ視線がスライド先端→サムセフティ→マグウエルと誘導され銃のカッコ良さが引き立った。

それにしても、お忙しい中、作例を示していただけるにゃんてファン冥利に尽きますにゃ。重ねてありがとうございました。(^^)/

ちびゆき

 

誠に誠にありがとうございます。
「P226ホールドオープン」は「首切り写真」でした。いや「頭切り写真」でした。
「P226下向き」は下に力なく垂れていました。ムクッ!と力強くなりました。
「MEU」は「板の木目の写真」でした「銃の写真」になりました。
「M9」はただの無駄な空間だった下と左右が無くなり、明るさが抑えられて銃のラインがくっきり強く見えるようになりました。
「SVコンプ」は明るさが抑えられて、グリップのテカリも消え、下の布が沈んで銃が上品に浮き上がりました。左の余白が増えグリップセーフティーのテールの曲線がのびやかになりました。
「SV3.9」※これは「下が添削」だと思います。スライド前部とチャンバーの白飛びが無くなり、ぼやけていた形がくっきりしました。左と下の余白が少なくなり、グリップ後端とグリップセーフティー、テールのラインがくっきり目に入るようになりました。囲われている空間に空気のダダ洩れる隙間が無くなったように感じます。銃の重さがとがっているテールとグリップの先端掛かっていて安定しているように感じます。ハンマー形もスッと目に入ります。

 

スライドとグリップのラインには板のラインが強く干渉するので、これをうまくこなさないとね。そのためには板ラインを斜めに使ってダイナミックな調和にトライしよう。
技術的には高いのだから、これからは感性を磨くのだ!!

「SV3.9」の「添削いただいたところ」の追加です。グリップが明るくなってチェッカリングの凹凸が綺麗に見えます。

タクレットを縦にしたディザイン

これはね・・
ちょっとしたモンですよ♪


どうです・・?
心がうずきませんか😊
ウズベキスタンの人
でしたらうずくかな😁

写真的にいえば
構図はオーケイ・・

オーケイというのは、まあ許容できるという意味です。ただし両側のスピーカーはジャマです。とくに左で光っているのは目を奪うのでイケナイ。上側の処理もウルサイです。ただ迷彩模様が目を引くので、それに助けられてはいます。
つまり本気ではなく
神経使わず気楽に撮った・・
というわけですね。

ご覧のように、これはタクレットを縦長にしたディザインなのです。オリジナルは黒です、が、一般販売はしませんでした。でも、余剰品が少しは出回ったと聞いていますけどね。

で、この自衛隊迷彩のタテレット(仮称)は、試しに作ったもので、たった1個しかない・・と記憶しています。海外派遣の隊員さんに向いていると想ったのです。でも仕事が忙しかったので自衛隊さんへの売り込みはかけませんでした。

極レアの優れモノというわけで、速王くんみたいな人は全財産を投げ打ってでも「落殺」するかも😁

で、この2枚のフォトも可もなく不可もない撮り方で、ただの説明写真というわけ。ただ背景のターゲットには興味をそそられる人もいるでしょうね。

前のポケットはベルクロで取り替えででき、こちらは透明なのでIDを入れるのに適しています。これもタクレットと同じですね。

オートグラフを入れました。

横からみると、ちょっとスリムです。

後ろはベルトにでもモーリーにでも着けられるようになっています。基本は肩掛けですけどね。

フォトの構図としては無駄なくキチンとできています。この場合はトリミングが不可欠なのですよね。アイフォンにはトリミング機能があるのでスッゴク楽ちんです♪

ハンドルの下には黒のロゴがあります。

がばりと開けるとこうなっています。まさに「タテレット」というわけね。

 
カード類を入れるポッケ。

フラップには3筋のベルクロがあり、好みによって塞ぐことができます。

上の部分はモーリーでベルクロもあるので部隊名やワッペンなどを貼れます。



ベルクロ付きのホルスタにはサムセフティーを付けることもできます。これは要らないとおもうのですがね。

ホルスタなしで拳銃だけを入れるのもカンフィーですし、充分に安全だと想います。

安全にウルサすぎる部隊には、こうするのがいいかな??

はい、では皆さん、
このように銃口を斜め上に向けたフォトを撮ってみましょうよ。真横とちがって、ちょっと難易度が上がりますから、この作例をよく観察してね😊

ちなみに、ヤフオクの撮影では綺麗に撮りすぎないように気をつかっているんですよ。ライティングもアングルも凝らず、淡々と普通に撮らないとモノを受け取った人がガッカリしますからね。

ところで、このタテレットを民間用にディザインして作ったら欲しい人が出てくるのではないかと想うのですが、どうでしょうね?・・ルーさんなら1番に買ってくれるよね😊

ただし、これはタクレットのような容量はありません。拳銃携帯者のために、できるだけ小ぶりに作ったモノなのです。でも、拳銃を入れないのでしたらイロイロと入りますよ♪

ヤフオクデス↓

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n436571589

by 迫真のヤフオクグラファー

構図の基礎訓練

おはゆうさーん♪

そちらは朝で
こちらは夕方だから😊

今日は、
いよいよ構図についてだ

ピントが合ってること
構図がきちっとしてること

これらが
観られるフォトの原則だよ

・・・・・・・・・・・

それはともかく・・

長いことランドバーグの無農薬玄米が店に出なくて、あと5袋(4.5kg入り)しか残ってなくて少し焦ってたんだけど、とうとうコォスコに出てナナさんが買いに走り、30袋をゲット!!
これでコーダ玄米と合わせると1年近くは食いつなげるのでホッとしたんだよ。


今日は袋を棚に積んださ😌

まだまだコロナは終わりそうにないしね😓

なのにタクミは


射撃場で撃ちながら
アマガスやってるしね〜・・

ぜんぜん脈絡ないんだけど 構図の話にもどろうかね

まずは 1番に解りやすいのからいこうか・・

人に説明する時とか カタログ用とか自分用の記録などのためには「まっすぐ」撮るよね?
それについて語ろう


よーくある失敗はこれね
画面がゆるすぎるんだ
画面の中で銃が小さすぎ
左下のほうに背景の端っこが写り込んでいたりして 無神経そのものな画像というわけよ

なに考えてんだバーロー
といわれるフォトだね😓

画面に写り込んでいるモノ全てが君の責任下にあるということを覚えておこう

そういう意味で 無駄な空間も作者の責任というわけね

 

わかっぱよバカ・・ぢゃこっちでええんだろ?

うん 銃が大きくなったな♪・・けど なんか変じゃないかい?
BKが右寄りすぎるので観ていて窮屈感がねえかい?
こうなってくるとフォトの枠が被写体の形やラインに干渉してくるんだな
つまり銃が壁に囲まれていてどちらかの壁に被写体が寄りすぎると圧迫感を感じるんだ
感じないヤツは
センスがないから
ここんとこを理解して
感性を磨かないと
いつまでもナイセンス😁
のままなんだ

↓こっちを観てくれろ

なんだか他の二枚にくらべると「収まりが良い」と感じないかい? これは四角な壁との調和がとれているからなんだよ

調和をとるためには
ミリ単位で切り取るべし

人にも銃にも前と後ろがあるもんだが この作例の前後をよう観てくれ・・グリップの後ろから壁までの距離と銃口から壁までの距離とをよう比べてみてくれ

銃口側のほうが数ミリ長いよな・・このように前側には後ろよりも空間を多くするもんなんだよ

まあ なんでもいいからダマサレタと想って自分の銃をこのように横から撮ってみてくれ
自分で撮ることによって学べるもので 撮らないかぎりはよう解らんままに終わるんだよ

ライティングは窓の光でもなんでもいいから 四角の中に銃が綺麗に収まるように撮ってみよう

撮影後にトリミングできない場合は すごく注意深く撮る必要があり これが良い訓練になるんだな

ではショクン
作例を待ってるぜい♪

by 写真には枠があり これに悩まされて心から枠を憎んで心が傷ついた経験のあるヲトコ

BK20 初のカスタマイズ

こんばんようさんです

BK20のガス交換用に、
水栓用ドライバーのグリップエンドに、M4のイモネジを埋め込みましたよ。
5mm程飛び出してます。

これで、マグバンパーが外しやすくなり、
ボンベ交換のコインネジも回せますよ~~ん。

今日は600発程練習したオトコ q(^-^q)

by まう

・・・・・・・・・・・

はっ!! やりやがったなー😎

仕返しに
私のを見せようぞ・・・
今、トーモロコッシーが旬だからな、これを皮剥かずにチン
すると美味いのだ!!


猫たちも大きくなった😊

そこでワシは考えた・・・

左は1911のマグで
右はBK20のマグだ。

BKの方がリアルで好きだ。
さすがコバヤシさんだ!!

だがマグキャップが
めんどくさい・・・
ワシ不精だからな。

そこで穴を開けた、


底に穴を開けたのだ!!

これでマグキャップを外さずに、ボンベの着脱ができる。
ぬわははははは😁

しかし、満足はしないぞよ。

コインをパテで留めたのだ!!


もうトゥールはいらない!!

🤣どわはははははは😆

今後、さらに改良して
見かけの好いモノにする。

どーだ、まう?
まいったか?・・・

では、まうにうってつけのシゴトをやろうではないか・・

そのシゴトとは・・

再びジュンの馬になること。

😆なつかしーのぉ〜😃

by 初迷王