紅のアクセントライト

いつもの窓ぎわの自然光で
赤スポットを使いました。
小道具も使ってホンキです😁

小道具の置き方、
これには空間処理のセンスが必要で、いよいよ市フォトスクールも佳境へと進みますぞー!!

ようするに小道具と大道具が仲良く見えるように調和をとればイイだけなんだけど・・・シカシオヌシハジゴクヲミル😁


赤を使うつもりはなかったんだけど、この奉公に出すスパイダル子ちゃんを撮っていて、ふとルーさんが激しく追撃してきて赤を使おうとカクサクしているのを想い出し、ここで遅れをとってはならじと、そーゆー考えなどないのだけど撮ってみたわけです。

赤は、多すぎても少なすぎてもオモロナイのでドンククサならないように微妙な調節が必要なんです。
もうこのあたりは観る人の「審美眼」にかかっているので、まったくの「好き嫌いの世界」なんです。日本のGunファンのなかには嫌う人たちも散見されましたが、欧米のGUNファンたちは手放しで喜んでくれましたよ。人種による感覚の違いというのは確かにあると実感しました。

この色使いに大勢の Gunフォトグラファーがトライしましたが、編集部いわく「イーチに近いヤツさえ出てこない」ということでした。

ハンドガンナー誌の商売仇の雑誌社が大きなスタジオを構えたコマーシャル写真家にイチのフォトをコピーさせる実験をしたところ、同じには撮れず、フォトグラファーは光のコントロールが不可能だ!! と言ったそうです。やがてイチはその雑誌社に移籍、そのフォトグラファーから指導を請われ、シュアファイヤのG2にジェラティンをかけて撮るのだと判り、驚愕していました。彼は5千ドルもするストロボを数機持ち、千ドルもする高級スポットライトを使っていたのです😁

おいらのG2は40ドルもしたかな?・・どっちみちシュア社から20本くらい頂いたものなんです♪

道具はね、高価ならイイってもんじゃなく、役立つもんがいいわけよ。あたりまえだよねー😇


ちゅうわけで、基本ライティングはいつもと同じ、ただ右からイチの秘密兵器がアクセント光線を射ています。

もいちど冒頭のフォトをしげしげと観察してください。これまでの平坦なフォトよりも立体感を感じませんか? 平面の画面からムクッと浮き上がるような錯覚を起こさせる、そんな表現をいつもボクは目指しているんです。

で、スパイダルコは、だいたいどれも好きですが、なかでもこれはエマーソン コマンダーのようなフック付きで、キャリーナイフとしては逸品だと想います。なにしろポケットから抜いたらもう刃が起きているのですからジャックナイフよりも速く戦闘態勢に入れるのです。戦闘を想定しない人には価値などないのでしょうけどさ。
これも手放すのかと想うとチとつらい・・でも、ウォーレンがあるからいいのですけどね・・・

で・・・ですね〜・・!!
昨夜のこと、グラージで他のライトスタンドを組み立てていたら、こんなカバンが出てきました。

あっ!! なつかしーー!!!

キャノンのキャメラバッグです。
出張撮影でいつも使ってたものです。
中にあるのは〜?????

仕事からリタイヤして初めて観る有能な助手たち♪


強、中、弱、
と揃っています。
フィルター類も完備!!

これは出張専用のセットで、屋内用は別に常備しています。イチはゼータクでしたね。

これらはもう要らないのでヤフオクに出品しましょうかね。

ほんとならバッグごと全部一括でゲットしてほしい・・けど送料だけで100ドルはかかる😓

このブログ上だけでオークションしてみましょうか。
落札した方には米国から直送します。

さあ張った張った!!

ちなみに、
これらのライトで撮ったのは

こういった作品です。
だいたい6〜8本のライトを使っています。
陰影やハイライトなどを豊富にするためにはG2のほどよいスポットが最適だったのです。
イチローマジックの秘密は、このライトにあったわけです。

けどね、G2は点けっぱなしにすると20分くらいしか持たないので、消したままセットして、点灯したらササササと微調整して5分以内に撮る、という速写訓練をしたものですよ。バッテリーも支給されるとはいえ、無駄使いは嫌ですからね。

そうそう、1本のG2だけでも撮れますよ。銃の各部に光を当てながら10枚近く撮影し、フォトショで合体させるという手法なのです。拳銃ならわりと簡単ですよ。

ヒマがあるときにやりますね。

by 紅のライトくれー!! とねだってもクレナイ市

紅→くれない、と読む。

20件のコメント

  1. >出張専用のセット
    >このブログ上だけでオークションしてみましょうか。

    チャーンス! キセノン球のライトはほとんど絶滅していて日本で探しても見つからなかったのです……

    ファーストビッド $1,000 を入れさせてください (`・ω・́)ゝ

    バットン

  2. 晴れ晴れショー

    ライト類はブログ上だけでオークションをしはったらというのは良いアイデアやと思います。
    かなりの高値がつく事が予想されます。
    スパイダル子。
    良い方の所に奉公に行かれますように。

  3. わぁー、皆様見ていただいてコメントまで…ありがとうございます‼️
    光るナイフはそうです、ガーバーのハンター。ニユーの方ですけど…大藪世代なもんで。
    うー、今回のお題は小物使いとアクセントライト!両方は無理!
    まずは小物使いにトライしま~す。

    • DECCANOVAさん

      お、お、大藪ファンですか(^^♪。
      同世代ですね。

      ハイス鋼にクロームをたっぷり付けたフォールディングハンターに憧れたもんです…(遠い目)

      この写真、質感が全て合っていて、中々おしゃれ。

  4. MIZ

    >このブログ上だけでオークションしてみましょうか。
    落札した方には米国から直送します。

    えっ・・・ま、まぢか?。

    送料が100ドル。
    1ドル≒110円としましょう。
    送料だけで11000円。なのでスタート価格は15000円あたり?。

    オメーは入札するんかい?。

    モチロン!。
    先ずは様子見、送料別で6万円で入札!。
    鎧通しは先送りする!。ボーナス投入する!。
    6万円で落札出来たら夢のよう!、だけど世の中そんなに甘くはないわな。ヤフオクでのG2は1万円〜って感じ?。6万円はスタート価格か・・・

    「何このバッグ。また何か買ったの?」。
    「このバッグの中に何が入ってると思う?」。
    「え〜、キヤノンだからカメラでしょ?」。
    「この中にはね、銀河の秘密が入ってるんだ・・・」。

  5. MIZ

    ありゃ、6万円で入札したと思ったらバットンさんが千ドル入れてた!。
    参ったな〜。
    どーすっかな〜。
    『銀河の秘密』だからな〜。
    1200ドル or 12万円が出てから考えヨ。

    銀河の秘密だもんな〜・・・

  6. ルシファ

    連投ですが。

    > 日本のGunファンのなかには嫌う人たちも散見されました

    告白します。これ、私のことです。まさか、自分が赤い光を欲しがるなんてねえ(笑)。

    「変節」と呼びたいなら呼ぶがいい!今の私が過去最高の私!未来の私はいまの私を超える…はず!

  7. まう@東大阪

    こんばんようさんです

    毎回のフォト指南をワテが生かせる日が来るのかは、わかりません~~(;´д`)

    牛歩でも歩んでいきますぅ

    2013にイチローさんから頂いたフォトは、プリントアウトして、
    踊り場で輝いておりまっす。

    • 市

      おおう、まうを元気付けたくて贈った一葉だったね♪
      大切にしてくれて嬉しいよ😇

  8. ライトセットは諦めて、自然光でやれるとこまでやるんだい!僕と同年代のおっさん達に…
    懐かしいでしょ❗
    イチローさーん、スマホでは僕にはこれくらいです。参りました。全面降伏でーす❗

    • 市

      ややっ!!
      小道具からしてタダモノではないっ!!

      小道具だけのフォトも見せてくれぇーー!!

  9. luciferled00

    腐っててもしょうがないので、「小道具と大道具が仲良く見えるように調和をとればイイ」を分析してみました。滅多にこういうことはしないのですがね・・・。

    地図上に線を引いて、遺跡や聖所の配置に意味を見出そうとするナントカ考古学(名前は忘れました)には懐疑的な私。要するに「線なんて後付けでどうとでも引ける」ってことです。古代人がそれこそ千年単位で地上に図形を描くなら、世代を超えてマスタープランが引き継がれなければ不可能な話。ちょっと、眉唾ですよねえ。

    しかし、イチローさんの作例は、イチローさんが明確に意志を持って配置を決めたもの。ひとまず、目を引くポイントをざっと洗い出してみました。もちろん全部は拾えていないだろうし、中のいくつかは、より重要なポイントを決めたことで結果的に決まったものでしょう。でも・・・「ああ、そういうことか」と唸る点がありますよね。隅々まで神経を通わせるというのは、こういうことかと。

    • これは面白い分析ですね。
      誰もやった事無いんじゃないでしょうか?
      何か分かるかもしれません。

      北斎の「規矩(=きく、規=コンパス、矩=差し金)の法」、
      でも「円」は無し。
      北斎の「規矩の法」の代表作は富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」。
      西欧の写実主義時代は画面に縦横格子状に枠を描いたり、
      消失点を決め、それに向かって線を引いて透視図法の設定をしました。
      フェルメールの絵にはピンを刺した跡が残ってるし、赤外線撮影すると透視図の線が分かります。

      イチローさんの写真を幾何学的に分析すると、
      何が分かるでしょうか?
      博士論文になるか?

    • 市

      初めに言葉ありき・・・

      そして文法ができた。

      しかし、それに当てはまらないものが多いので例外として受け容れられる。

      ライティングや構図には例外がほとんどで、カタログや絵葉書の撮影にだけ法は適用されるのではないかという気がします。

      写真学校のシゲモリ校長は、幾度もこう言っていました、

      「絵葉書写真を真似るな!!
      絵はがきの構図はけして撮るな!! 
      常にアバンギャルドの心を持て!!」

      アバンギャルドとは、前衛芸術のことです。前衛とは、決して止まらないこと。

      常に自分の過去の作品からの脱却を続け、他人の模倣はしないこと。止まった時点でアバンギャルドではなくなるのです。

      で、ここの皆さんはGunを撮るということではイチと同じ方向に向かうわけなので「同じジャンル」での競争ということになります。

      で、自分の前を行くサクセス者がいたら、まずはその人を追い抜くという目的を持つのがよいです。そのためには、イチのフォトを研究し模倣しながら学ぶことです。追跡するうちに、イチの特徴や流儀が観えてきます。

      真似て撮り、正確に模倣し、肩を並べる。そこから自分の個性を発揮して追い越しをはかるのです。

      記録はつねに破られる。

      異なった方法論はつねに出現するもの。

      そういう希望を持つことです。

      それとは別に、破れかぶれに観えながらも、その人の強烈な個性を叩き出すという方法もあります。ありえなかった方式でキャメラをブン回すのです。

      ぐるぐる回しながら撮るという意味じゃないですよ😁

      しかし・・見たところイチの表現手法は多彩で落差も大きい。持ち駒が多くて、イチイチ真似なんどできないかもしれません。

      まず趣味としての撮影ではカネがかかりすぎる。そういう人のためにスマホを駆使して窓ぎわの自然光で挑戦しながらイチの世界に迫るという方法論が最近編み出されました。

      ここから学ぶものは大きいですよ。これでイチのレヴェルに達することが可能です。

      これでイチを追い越せる・・・

      うーーん、それは・・😓

      なにしろ、これを提唱しているのがイチのヤツなんですから😁

      でもね、近いうちに「人物撮影」のやりかたもやりますから、これはまた役立ちますよ♪

      プロになるわけじゃない、
      楽しく学びましょうね。

    • 前衛、
      前を守る、

      面白いですね。
      進んでいるはず。
      だから攻めているはずなのに、「衛」、守る。

      >真似て撮り、正確に模倣し、肩を並べる。そこから自分の個性を発揮して追い越しをはかるのです。

      漢字三文字で表すと「守破離」
      千利休の言葉、
      「規矩作法(笑) 守り尽くして破るとも離るるともとても本を忘るな」
      から出来たと言われてます。

      でも大事なのは最後、「本を忘るな」でしょうね。
      本=根本

      「本」って何でしょう?

      あ、イチローさん、書いてますね(^^♪。

      それにしても、
      描きたい、撮りたい、の衝動が湧いて来ませんなぁ(笑)。

    • 市

      それにしても、
      描きたい、撮りたい、の衝動が湧いて来ませんなぁ(笑)。

      いや、まったく😁
      ようく解ります、その気持ち。

      フォトアートを始めると、まずいきなりカウンターの右ストレートを食らって愕然となる!!

      これをサイプレさんのレヴェルなら明瞭に予知できる。だから始められない。かなりの精神的なパワーが必要。けど、そこから得られるカネがあるわけではない。そこまで情熱を注ぐ価値もないと想われる。

      ピアノを弾く息子に「作曲をしなさい」というのですが、自分ではとうていできないので何もしないボク・・・😅

      てげてげ(鹿児島弁で、ほどほどに)でいかないと疲れますからね♪

    • MIZ

      ルシファさんコレやったの?。
      やっぱアナタはフツーじゃないや。(良い意味で)

      cypressさんが書かれてますけど、透視図法(遠近法)で絵を描く時、枠と糸を使って消失点を厳密に設定することがあります。しました。
      私はアフォですから、息子たちに絵を教えた時(透視図法ね)道具を作って「ほら、こう見えるだろ?」ってやりました。道具ってもダンボールの枠と糸とピン。昔からあるヤツです。(画像は探し出せなかった)
      1番カンタンなのは道路と電柱。両手で枠を作り、その中に道具と電柱が入るように見る。「遠くへ行くほど電柱が短くなるし、道路も細くなるだろ?」って。
      それで上記の道具を作って説明。

      この消失点てのが厄介でしてね、大抵は「視点の位置を決めなさい」って教えられます。「視点の位置は1箇所だけ!」とも。
      でも、この消失点をキャンバスのどこに取るかで全く違う絵になっちまう。同じモノ観てるのに。
      多人数で静物デッサンしてると正にコレ。
      描く技術は数こなせば向上するけど、どう配置するか?、というか、どう『観るか、観えるか』は・・・

      これがね『センス』ってヤツですヨ。
      私にゃ無かったモノ。

  10. 新しい方は承認待ちのようなので、こちらに書きますね。重複するかも、ですが…
    イチローさーん、僕はただ者です。ただイチローさんに憧れ、真似して、写真学校まで同じ日吉に行ったバカ者ですよー!そして、おのれの凡庸さに打ちのめされ…よくあるパターンです。写真芸術の分野で食べていくのはほぼ無理!そして、そこにたどり着く事も出来ない自分。5年は頑張ったんですけどねぇ…
    田舎に帰りましたよ。
    才能がないと認めるのはツラい❗でも、しゃーない❗天才にはかないませんもん。
    でも、写真なら辛くても我慢できる。仕事として写真に関わって生きていこう。で、写真館で人を撮る仕事に就いて32年もたっちゃいました❗
    だから、ブツ撮りは素人同然。自己流❗イチローさんの撮影方法はさすがにプロ中のプロは違う!
    めっちゃ参考にさせていただきます❗
    あと、なんだっけ?
    あっ、小道具だ。小道具は…皆様と同じようなもんです。昔のモデルガン少々に、後楽園でイチローさんにサインしていただいたホルス少々、あとはガラクタばっかり❗こっちは沢山ありますよー❗レコード、時計、工具、それと…カメラ!レンズ!カメラマンだと言い訳が効きます❗
    おっと、時間だ。
    すいません、こんな話…
    皆さんごめんなさい❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像をアップできますよ♪