新ブログへの誘い♪

おっはよう、皆っさん!!! 🤗

新ブログのテストランを始めます(*゚∀゚*)

https://takumisuzu.wixsite.com/website
↑こちらをご覧のうえ、コメントとフォトをドッシどしとくださいな。

そうそう、フォトのサイズは400KB前後でお願いします、でないとストレージが早く満タンになって数千円マン円の請求がきますので😁

アクセス障害発生

elanです。

ご無沙汰しております。

現在、このブログは海外からのアクセスが出来なくなっているようです。なぜかサモアからはアクセスの痕跡があるのですが、それ以外の国からのアクセスの記録が残っていません。

なにも設定をいじっていないので、原因は不明です。

現在、市郎さんは前ブログに退避しております。

こちらも出来ることは多くないのですが、心当たりに相談してみます。

なんとか復旧すると良いのですが…

elanより近況報告です

elanです。

みなさま、たいへんご無沙汰しております。

ご存知のことと思いますが、昨年は立ち行かなくなった会社の整理、及び私個人の破産処理等があり、当然無職となりながらも本を書いたり、人生の夏休みとして、普通に仕事をしていてはできそうもない、やりたいことをやりました。
本を書いたり出版したり、いろいろな人と交流したり、市郎さんのこのブログを構築したり、ここに集う皆さんとも密に交流できました。

しかし、いつまでも無職というわけにもいかず、食わせねばならぬ家族もおりますから、今年に入ってから、この数十年無縁であった就職活動を始めました。
そんな中には、写真のような冗談のような求人もあり、実際に出かけて行って面接をしました。

こんな求人が張り出してあることがそもそも信じ難いのですが、実際に連絡先も存在していました。かなり本気で行く気になっていたのですが、なにがダメなのか知りませんが先方から文書で断ってきました。
現実、まだ現地での業務は立ち上がっていないようでしたし、提示されたギャラも危険に見合うものではなかったので、縁が無かったのでしょう。
一時期、市郎さんがホンジュラスとつぶやいていたのはこの事でした。

その後別口でモンゴルに行くような話もあって、パスポートも取ったのですが、それも流れてしまいました。

さて、いい加減売るものも売りつくしてしまい、経済的に限界を超えていましたので、いろいろ考えて、おそらくギャラがいいだろう福島の原発関連の仕事にアプローチを始めたのですが、かなり現地は落ち着いた状況になったようで、危険手当がたんまりもらえるような状況では無いようでした。ところが前職で土木施工管理技師の資格を取得していたので、福島の汚染土の中間貯蔵施設の管理の仕事がありました。同時に人材派遣会社に資格と経歴を登録すると大量のオファーがあり(東日本大震災の復興と東京オリンピックを前にして、建設や土木の技術者が全国で圧倒的に不足しているので)、その中に橋梁点検の仕事があって、福島の中間貯蔵施設の仕事と橋梁点検の仕事のどちらかという事になったのですが、福島の方は中間貯蔵施設の管理経験者を望んでいたことから、結果として橋梁点検の仕事に就くこととなりました。

四月目前に仕事が決まり、三月の末に家族と離れて慌ただしく単身赴任先の寮に最低限の荷物を運び、新しい場所で新しい仕事と新しい一人暮らしの生活を始めました。
その仕事というのは、高速道路を跨ぐ跨道橋(Over bridge)の点検業務で、五年ほど前に、中央高速の笹子トンネルでの天井落下事故を受けて改正された法律のために、五年毎に長さが2m以上の全ての橋の近接目視点検が義務付けられ、私が勤務することになった会社では、三年前に創設された新しい部署での仕事です。
正直ギャラは良く、寮も駐車場も派遣会社持ちで、払うのは水道光熱費の実費のみ。完全週休二日で、ゴールデンウイークは九日間の連休、今日は夏休みの最終日ですが、九日間の連休にも関わらず、月給は丸々もらえるという、これまでの人生からするとあまりにもホワイトな環境です。
高速道路の本線上での点検作業がメインなので、夜間作業や泊まりでの出張なども多いのですが、それまで出張などは自分の人生には無いことだったので、とても刺激的で、橋について勉強しながら楽しく仕事をしています。
収入のほとんどは家族に送ってしまうので、私自身は経済的に豊かにはなりませんが、なんとか払うものは払える状況になりました。

最近、テレビでは頻繁に親会社のCMが流れているので、東日本の方はご覧になったかもしれません。

こちらはフルコーラスのロングバージョン(TVでは流していません)

私の部署は創設間もなく、しかも地味な部署なので、このCMには出てきません。なので自分で撮った写真と動画を編集して、自前のCMを勝手に作りました。これを観てもらうと、なんとなく私の仕事の感じがわかるかと思います。

私は長いこと、空気が汚くて星もろくに見えない土地にへばりついて、行き詰まった人生を生きてきましたが、一瞬でこれまでとは全く違う人生を歩むことになりました。
昨年、それまでの人生のほとんどを失うようなことになりましたが、今改めて人生をやり直しています。
仕事のある日は出勤して、良い同僚たちと仕事をして、家では食事を作り洗濯をし掃除をして、普通に暮らしています。
出張で丸々一週間帰らないことがあるので、植物も含めて生き物は置いておけないのが寂しいくらいで、家事も含めて人生初の一人暮らしは殊の外快適です。

仕事を始めてからもうすぐ五ヶ月。
慣れない仕事と生活に順応するために慌ただしく過ごしていて、こちらに書き込むこともなかなかできませんで、みなさまにはご無沙汰していましたが、とにかく頑張って生きています。

このTactical Lifeのメンテナンスや、ルシファさんの本の出版などもお手伝いしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。


単身赴任先より