elanより近況報告です

elanです。

みなさま、たいへんご無沙汰しております。

ご存知のことと思いますが、昨年は立ち行かなくなった会社の整理、及び私個人の破産処理等があり、当然無職となりながらも本を書いたり、人生の夏休みとして、普通に仕事をしていてはできそうもない、やりたいことをやりました。
本を書いたり出版したり、いろいろな人と交流したり、市郎さんのこのブログを構築したり、ここに集う皆さんとも密に交流できました。

しかし、いつまでも無職というわけにもいかず、食わせねばならぬ家族もおりますから、今年に入ってから、この数十年無縁であった就職活動を始めました。
そんな中には、写真のような冗談のような求人もあり、実際に出かけて行って面接をしました。

こんな求人が張り出してあることがそもそも信じ難いのですが、実際に連絡先も存在していました。かなり本気で行く気になっていたのですが、なにがダメなのか知りませんが先方から文書で断ってきました。
現実、まだ現地での業務は立ち上がっていないようでしたし、提示されたギャラも危険に見合うものではなかったので、縁が無かったのでしょう。
一時期、市郎さんがホンジュラスとつぶやいていたのはこの事でした。

その後別口でモンゴルに行くような話もあって、パスポートも取ったのですが、それも流れてしまいました。

さて、いい加減売るものも売りつくしてしまい、経済的に限界を超えていましたので、いろいろ考えて、おそらくギャラがいいだろう福島の原発関連の仕事にアプローチを始めたのですが、かなり現地は落ち着いた状況になったようで、危険手当がたんまりもらえるような状況では無いようでした。ところが前職で土木施工管理技師の資格を取得していたので、福島の汚染土の中間貯蔵施設の管理の仕事がありました。同時に人材派遣会社に資格と経歴を登録すると大量のオファーがあり(東日本大震災の復興と東京オリンピックを前にして、建設や土木の技術者が全国で圧倒的に不足しているので)、その中に橋梁点検の仕事があって、福島の中間貯蔵施設の仕事と橋梁点検の仕事のどちらかという事になったのですが、福島の方は中間貯蔵施設の管理経験者を望んでいたことから、結果として橋梁点検の仕事に就くこととなりました。

四月目前に仕事が決まり、三月の末に家族と離れて慌ただしく単身赴任先の寮に最低限の荷物を運び、新しい場所で新しい仕事と新しい一人暮らしの生活を始めました。
その仕事というのは、高速道路を跨ぐ跨道橋(Over bridge)の点検業務で、五年ほど前に、中央高速の笹子トンネルでの天井落下事故を受けて改正された法律のために、五年毎に長さが2m以上の全ての橋の近接目視点検が義務付けられ、私が勤務することになった会社では、三年前に創設された新しい部署での仕事です。
正直ギャラは良く、寮も駐車場も派遣会社持ちで、払うのは水道光熱費の実費のみ。完全週休二日で、ゴールデンウイークは九日間の連休、今日は夏休みの最終日ですが、九日間の連休にも関わらず、月給は丸々もらえるという、これまでの人生からするとあまりにもホワイトな環境です。
高速道路の本線上での点検作業がメインなので、夜間作業や泊まりでの出張なども多いのですが、それまで出張などは自分の人生には無いことだったので、とても刺激的で、橋について勉強しながら楽しく仕事をしています。
収入のほとんどは家族に送ってしまうので、私自身は経済的に豊かにはなりませんが、なんとか払うものは払える状況になりました。

最近、テレビでは頻繁に親会社のCMが流れているので、東日本の方はご覧になったかもしれません。

こちらはフルコーラスのロングバージョン(TVでは流していません)

私の部署は創設間もなく、しかも地味な部署なので、このCMには出てきません。なので自分で撮った写真と動画を編集して、自前のCMを勝手に作りました。これを観てもらうと、なんとなく私の仕事の感じがわかるかと思います。

私は長いこと、空気が汚くて星もろくに見えない土地にへばりついて、行き詰まった人生を生きてきましたが、一瞬でこれまでとは全く違う人生を歩むことになりました。
昨年、それまでの人生のほとんどを失うようなことになりましたが、今改めて人生をやり直しています。
仕事のある日は出勤して、良い同僚たちと仕事をして、家では食事を作り洗濯をし掃除をして、普通に暮らしています。
出張で丸々一週間帰らないことがあるので、植物も含めて生き物は置いておけないのが寂しいくらいで、家事も含めて人生初の一人暮らしは殊の外快適です。

仕事を始めてからもうすぐ五ヶ月。
慣れない仕事と生活に順応するために慌ただしく過ごしていて、こちらに書き込むこともなかなかできませんで、みなさまにはご無沙汰していましたが、とにかく頑張って生きています。

このTactical Lifeのメンテナンスや、ルシファさんの本の出版などもお手伝いしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。


単身赴任先より

あららぎの庭(工事中)

ブログ上部の旧TACTICAL LIFEの並びに、あららぎの庭のリンクを設置しました。(現状はPC or Macでないと表示されていませんので、タブレットやスマートフォンの方は以下のリンクをブックマークしてください。

あららぎの庭

クリックしてもらえると分かりますが、ここにみなさんの作品をまとめて好きなものを読めるようにしたらどうか? と考えました。

ドナグさんとルシファさんの小説は、完結したら、新規の一つの記事にまとめて、ここからリンクしたいと思いますが、皆様のご意見等ありましたらよろしくお願いいたします。

それから、自分も書いてみたいと思う人がいたら、コメント欄でも結構ですので、お知らせください。

MIZさんはうまく行ったのですが、ルシファさんはうまくログインできないようですので、その辺りも検証しながら進めて行きます。

将来的にepubというファイル形式で、電子書籍のように読めるようにするとか、実際にAmazonから出版するとか、色々できることはありますので、楽しみながら色々なストーリーを紡いでいきましょう。

以前のTACTICAL LIFEの時から、読者の小説とかも投稿できないだろうか? 読者の写真も載せられないだろうか? というのは市郎さんの希望でもありました。

それがなんと、読者と一緒に物語を紡いでみないか? という、夢のような申し出がありました。

私たちは、市郎さんのブログに集い、市郎さんと交流することで、自分たちの未来を変えつつあります。

これまでの人生を振り返った時、こんなチャンスがあったでしょうか?

みなさんで、新しい物語を紡いでいこうではありませんか。

「あららぎの庭」 開設の案

elan君、

嬉しいことが起こりよるわ。

文壇のタマゴたちが育ちよるのだ(^-^)

知性派のルーさんまでもが佳い作品をもちこんできてくれたわ(^。^)

そこで、書きたい人が好きなことを書いて保存するための「庭」を増設してもらいたいナ。

エッセイだの詩だの小説だのを ここに載せたい人は、その欄をクリックすれば自由に書けて、後で添削したくなったら(本人だけが)いつでも書き換えられると言うような欄を作るって難しすぎかな?

ま、なんでもいいから、まずは今のうちに

 「あららぎの庭」という項目を作って、これまでに載ったエッセイや小説などをまとめてくれないかな?・・・ いつも澄まないね(^^)

    というわけで、皆さんね・・
100億人の人がいたら、100億種の人生があるとイチローさんは想っているのですよ。
なので、どんな人でも自分の物語りを書けると考えているのですよ。

たとえば、10歳から20歳まで、
20歳から30歳まで。
30を越えた自分。40を過ぎた自分。
愚かだった自分。無知を貫いた自分。空虚に輝いた自分。ダメな自分に今だに気がつかず軽薄そのものに生きている自分。馬齢を重ねて75歳になる拳銃使いとかサ (^○^)

こういう視点から自由闊達に書いてみませんか? 闊達→かったつ→「コダワリを捨てて」

ま、こだわりを捨てるという意味を説明するのには1つのエッセイが必要ですけど、まあそれは いつかにします(^-^)/

 

ほんで、今日はですね、
特大ブッシュにアタックしたのデス♪

ケンシに手伝ってもらい、発電機と電動ソーを現場に運んだのです。昨日までは、これを持って歩くのはフカノーでしたが 今日は鈍痛をこらえさえすればコンジョのみでやれたのです。

     いやぁ〜 (^◇^;)
     あの激痛の洗礼を受けた時は、この痛みを背負うのかとブルーになりましたが、さすが医者の知識と技術には感謝しちゃいますわ。
     ちなみに、その内科医さんは整体の専門家でもあり、いいことに 彼の息子さんとともにイチローさんのお弟子さんなんですよね(^^)
     治療中に仲間の医者を呼んで
「コノヒトハ スゴイハンドガンナーナンダゾー!!」と、紹介してくれ、その人もまた習いにくることになっているんです。

     二人の医者と知り合いなら、このイチローさんはめったなことでは死なないかも(^○^)

     というわけで、まだ腰に痛みはありますが明後日の月例試合には出られそうで、トモが心配して電話をくれましたがビアンキカップ出場も可能だと想われます。

     by ブルー正月をなんとか しのいだヲトコ

    

 

誰でも書けるコメントに変更です

お知らせ:

試験的にメールアドレスの入力無しでもコメントできるようにしました。
現在、名前もメールアドレスも不要でコメントできるようになっています。
    by elan

コメントはしたいけど 自分のメアドを知られるのがイヤな人もいるのではないか、という考えからこのようにしたわけですよ(^-^)/