紅のアクセントライト

いつもの窓ぎわの自然光で
赤スポットを使いました。
小道具も使ってホンキです😁

小道具の置き方、
これには空間処理のセンスが必要で、いよいよ市フォトスクールも佳境へと進みますぞー!!

ようするに小道具と大道具が仲良く見えるように調和をとればイイだけなんだけど・・・シカシオヌシハジゴクヲミル😁


赤を使うつもりはなかったんだけど、この奉公に出すスパイダル子ちゃんを撮っていて、ふとルーさんが激しく追撃してきて赤を使おうとカクサクしているのを想い出し、ここで遅れをとってはならじと、そーゆー考えなどないのだけど撮ってみたわけです。

赤は、多すぎても少なすぎてもオモロナイのでドンククサならないように微妙な調節が必要なんです。
もうこのあたりは観る人の「審美眼」にかかっているので、まったくの「好き嫌いの世界」なんです。日本のGunファンのなかには嫌う人たちも散見されましたが、欧米のGUNファンたちは手放しで喜んでくれましたよ。人種による感覚の違いというのは確かにあると実感しました。

この色使いに大勢の Gunフォトグラファーがトライしましたが、編集部いわく「イーチに近いヤツさえ出てこない」ということでした。

ハンドガンナー誌の商売仇の雑誌社が大きなスタジオを構えたコマーシャル写真家にイチのフォトをコピーさせる実験をしたところ、同じには撮れず、フォトグラファーは光のコントロールが不可能だ!! と言ったそうです。やがてイチはその雑誌社に移籍、そのフォトグラファーから指導を請われ、シュアファイヤのG2にジェラティンをかけて撮るのだと判り、驚愕していました。彼は5千ドルもするストロボを数機持ち、千ドルもする高級スポットライトを使っていたのです😁

おいらのG2は40ドルもしたかな?・・どっちみちシュア社から20本くらい頂いたものなんです♪

道具はね、高価ならイイってもんじゃなく、役立つもんがいいわけよ。あたりまえだよねー😇


ちゅうわけで、基本ライティングはいつもと同じ、ただ右からイチの秘密兵器がアクセント光線を射ています。

もいちど冒頭のフォトをしげしげと観察してください。これまでの平坦なフォトよりも立体感を感じませんか? 平面の画面からムクッと浮き上がるような錯覚を起こさせる、そんな表現をいつもボクは目指しているんです。

で、スパイダルコは、だいたいどれも好きですが、なかでもこれはエマーソン コマンダーのようなフック付きで、キャリーナイフとしては逸品だと想います。なにしろポケットから抜いたらもう刃が起きているのですからジャックナイフよりも速く戦闘態勢に入れるのです。戦闘を想定しない人には価値などないのでしょうけどさ。
これも手放すのかと想うとチとつらい・・でも、ウォーレンがあるからいいのですけどね・・・

で・・・ですね〜・・!!
昨夜のこと、グラージで他のライトスタンドを組み立てていたら、こんなカバンが出てきました。

あっ!! なつかしーー!!!

キャノンのキャメラバッグです。
出張撮影でいつも使ってたものです。
中にあるのは〜?????

仕事からリタイヤして初めて観る有能な助手たち♪


強、中、弱、
と揃っています。
フィルター類も完備!!

これは出張専用のセットで、屋内用は別に常備しています。イチはゼータクでしたね。

これらはもう要らないのでヤフオクに出品しましょうかね。

ほんとならバッグごと全部一括でゲットしてほしい・・けど送料だけで100ドルはかかる😓

このブログ上だけでオークションしてみましょうか。
落札した方には米国から直送します。

さあ張った張った!!

ちなみに、
これらのライトで撮ったのは

こういった作品です。
だいたい6〜8本のライトを使っています。
陰影やハイライトなどを豊富にするためにはG2のほどよいスポットが最適だったのです。
イチローマジックの秘密は、このライトにあったわけです。

けどね、G2は点けっぱなしにすると20分くらいしか持たないので、消したままセットして、点灯したらササササと微調整して5分以内に撮る、という速写訓練をしたものですよ。バッテリーも支給されるとはいえ、無駄使いは嫌ですからね。

そうそう、1本のG2だけでも撮れますよ。銃の各部に光を当てながら10枚近く撮影し、フォトショで合体させるという手法なのです。拳銃ならわりと簡単ですよ。

ヒマがあるときにやりますね。

by 紅のライトくれー!! とねだってもクレナイ市

紅→くれない、と読む。

またGunを飼ったのです♪

今日は、久しぶりにガンショップを訪問しました。

するとショウケイスがほぼ空っぽ😲

リヴォルヴァと22口径が少しだけ、マシなのといえば1911の短いのが1挺だけポツンと😓

すごく売れているのは嬉しいけど、入荷がなくて困りきっているのだそうですよ。

プロテスター(デモする人)が凶暴化しており、クルマに花火を投げ込まれたり、家に入り込んで来られたり、銃で撃たれたりする事件が起こっているので自己防衛のために銃が売れているとは聞いていたものの、中古銃もひっぱりダコだと。ボクも委託でワルサーP99など3挺を出してもらったら、もうなくなっていて買った値段よりも上がって入金がタンマリと😊

そこで、カウンター上の右のを飼ったのです。どんな銃かって?・・見れば判るでしょがー!!
プレデターじゃないですかー!! 😁
 
で、左の箱はこれから売るヤツです。昔に500ドル出したモノですがきっと高く売れるのではないかと♪

評判の良いGunって年々高くなるので良い投資になるんです。さんざ楽しんで2倍の値段になるなんてよくあるんです。

で、プレデターは、このガンショップから買ったものではなく、タクマが売る人を見つけてくれてサンディエゴから送られてきたものなんです。受け取りに行くのはメンドクサイので送ってもらい、このショップで登録するわけです。

「ほー♪・・いいもん見つけたな〜😊 いくら払ったんだい?」
と、元シールのマネージャーが聞きました。

「えーと・・2500ドルというのを値切って2000ドルにしてもらったんかな・・」

「やっ!!・・それは安い!!・・もし気に入らなかったら2500出すからいつでも持ってきてくれないか・・」

「ユーシュア〜???」(本気か)

「もちろんだ、これはもっと高く売れるよ・・」

「はあ〜・・すでにモウケが出てるのか♪」

じつはこれ、タクマが長いことかけて探してくれてようやく見つけたのです。
「プレデターを私のお父さんにプレゼントしたいのですけど私のレストランはコロナで売り上げ落ちてオカネたりないんですよー😭」と、個人コレクターからイケシャーシャーと値切ってくれたのです😁

by 物々交換で太るボク

スマイソンに自然光で挑戦する!!

これっ!!・・自然光やでぇ😆

おはんたちも撮れるんやでぇ!!・・簡単な高等テクおしえたるわぁ♪

けどなぁ・・
その前にちょっとヤフオクでショーバイさせてもらいまひょかぁ、ちゅうことになってまんねん😊

この黒のタニケパウチやけんどなぁ、カッチョ好い緑の十文字入ってるんやでぇ♪ ジャパンでは売り出されとらんかったんとちゃうかな〜??
たしか、ある部隊のために特注で作られたもんやち記憶しとるんやが、マチガイかも知れへんでアテにせんでほしわ(^◇^;)

まあ見といてぇな↓

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n435168484

でもって、こっちはなぁ・・


赤リップなんや。
撮影に使うたもんやろなぁ。
サイン入れといたけん、マロンパが落殺ねらうやろから気イつけんといかんでぇ😊

ヤフオクや↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f440213007

↑これクリックして見らんとスマイソンどうやって撮ったかちゅうとこには進めへんように山下のヨシにシカケするよう頼んどいたさかいでけへんのや😁

見たな?・・・

ほな あんじょ行くこかぁ♪

まず、これ撮ってみました。
窓際の自然光でアイフォン使用。アイフォン内にある「Edit」は軽いフォトショができるので便利です。ここでトリミングできるのは有難い機能ですよ♪
したがって、これはすべてアィフォン内で作られたフォト、にパソ子が文字を入れてくれました。

太陽光ひとつでキレイに写るわけですが、影を操作したいわけですよね? 影を操ることができれば、まるでスタジオフォトのように撮れるのです。

そのシカケはこれ↓

BKの上にあるボード・・これで影を作るのです。カーンタンでしょ😆

で、手前で持っているボードも同じもので、これは反射板として使います。ただの真っ白な紙です。ふにゃふにゃ紙だと曲がるので厚いのがよいです。

反射板は「レフバン」と呼ばれます。レフ板は強い影をコントロールするための必携の道具で、これを使いこなすのが市流のプロなんです。レフ板には白や銀色や金色などイロイロとあり、折りたたみ式が売られています。でも、まずは安い白ボードでもいいし、なんならダンボール箱を切って白い紙を貼ればよいのです。これが素晴らしい補助光となります。

これが3枚もあれば、影を作ったり手前から影を明るくしたりでき、痛快な助手となってくれますよ♪

なんで早く教えてくれんの?😡

まあまあ・・物事には順序があるじゃないですか!! それを間違っただけのことですよ🤣

そうそう♪
右の隅っこに青い小物がありますよね? これがまた有能な助手たちなんです♪ 消しゴムを切って作るんですよ。これを銃の下に置いて銃を浮かしたり傾きを調整でき、これによって立体感を演出できるんです。

ゆっときますけどねっ!! キリッ😤
今日の講座はモノスゴーク貴重なんですよっ!!

どこの誰も教えてはくれないでしょう。そして、これを識ることで君は大いなる発展を遂げられるのです。
ユメユメおろそかに見過ごさないことっ!!


こうして撮ったのがスマイソンです。右側のメッシュい影は外側にかかったメッシュのカーテンで、たまたまかかっていたのをそのままイタダキなんです。なんか気持ちの良い影ですよね〜♪ 左側にもかけたらスゴーク好いかもしれませんよ♪

で・・マズルを見てくださいな。銃口が明るくなってる😊・・これは左手に持った白ボードの反射なんです。これがあるとないとでは芸術度の高さにウンデイの差で佐賀県で1番となります😁

太陽の光を返すことで2灯3灯のライティングのように撮れる。ここが素晴らしいわけです。ちなみにボクは6個ほどの反射板を使っていました・・が、それは後々にね。

ほほほほ♪ ちれぇだぁ😆

ダイナミックな構図だぁ〜!!

鮮やかだし、立体感があるぅ🤗

バレルが青みがかっているのは空の青の映り込みです。これがロイヤルブルーをそこはかとなく彷彿させる。マズルの明るさもほどほどに好い♪

本気で撮ってはいないので細部にほつれはあるものの、一見したインパクトはツオイぢゃないですか🤗

どうでい?
窓際で撮れる愛銃の美しいフォト!!
君もチャレンジしようではないか!!

ミーやん、
あんましこれにウツツを抜かすと会社が怒って左遷されるからな!!

そうなるともう窓際でフォトを撮るしか道はなくなり、これがほんとの「窓ぎわ族」ってもんだぁ!!
🤣わははは〜

by 半者市之助