光るナイフに挑戦しよう

このスパイダルコナイフの『写真』の美しいこと!。
ふふふっ、騙されませんヨ。美しく魅せているのはイチローマジックのせい。なんなら証拠写真を今晩撮影しましょう、銀ピカなナイフなんてまともに撮れる気しないケド。

♪ギンギンぎらぎらナイフが光る
ミーズのナイフはキタナイナー♪

たしかに上手くは写ってないナ😓

しかーし・・変だぞ・・・

さては、わざとキタナク撮ったなぁ😬

ちょっと試しに部屋で撮ってみたんんだけどな・・

ちれーなんだよね〜♪

ライティングもレフも使ってなく、部屋の電気スタンドと外の光だけなんよー

これ、戸棚の中で撮ったんよ。
ライティングしたよりチレーだ😁

↑ 窓ぎわでレフ使ったものよ。

なぜか温和に色調になっちまったけど写りはよいと。


ぽんぽん撮ってみたわ。
なんも難しくないんだよね〜???

おまけにボブチャウでーい!!😁

前ピンになったのはダぶー君のせいだ😓

撮影セットはいつもとオンナジよぉー。台所のアルミホイルを貼ったボードも作ったぞー♪

これ以上はなんも秘密なんか無いんだよね〜😰

ただねー・・
アングルの問題なんだわ。

アングルとは、

1 キャメラのアングル
2 光のアングル

キャメラのアングルって、上下左右に少しでも動かすと画面の雰囲気が変わるもんだし、光の射してくる方向でコレまた大きく変わるもんよ。だけど人間は鈍感だからソレを感じなく、キャメラは正直だからダメアングルでも鈍感な主がシャッター切ると黙って写すしかないんだ。

「キャメラアイ」

きゃめらあい 亀ラアイ 
なんでもイイからコレ覚えてくれ。

撮影技術を脳のダウンロードするうえで、これがモンノスゴーク大切なんだ。

キャメラとは写真機のこと!!
(あたりまえだ)

アイとは、眼のこと!!

ふたつとも知らんヤツはいない。

だけど「キャメラアイ」は知らんね。

キャメラアイとは、キャメラの眼だ!!

わかるか?

キャメラが見る世界のことだ!!

解るか?・・・

いーや、解っとらん、ウソツキめが!!

君が見る風景と、お爺さんやおばあさんが見る風景には異なったものがある。親子でも友人でも、視覚の世界は異なるんだ。

そこに萩焼の美しい茶碗があるとする。それに対して感動を持って見られる人と、百均で買ったものとの区別さえつかない人もいる。思い出の多いエアガンを大切にしているのに愛するカーチャンはスキを見ては捨てようとする😓 もしも、それが千円で売れたらご機嫌になってケーキなど買ってくる😰

 「人はな、感情をこめてモノを見るのだ!!」これが人間の素晴らしいところなんだよ。

ところが・・

「キャメラには感情がなぁーい!!!」

おおっ!! このシーン凄いっ♪ 感動的だっ!! 撮ろう!! やったー!! やったやったぁ〜🤣

なんてことあるだろが?

けど、撮った写真を見ると・・ええっ😭なんなんだ〜これは???
みたいなことが多いだろ?

君は感情のカタマリとなって撮ったからなんだ。感動のあまりバカになって「キャメラがそのシーンをどう観ているかなんて思慮のかけらもなくなっている・・」

少しはワカッパな♪

そう、キャメラのアイで見る訓練ができていないからだ。

目の前の感動的なシーンをワイドレンズならどう見て、ボーエンならどう見るか・・なんて想像もしてない。光の角度をキャメラが喜ぶとか、アングルを変えればドラマが生まれるなんて想像すらしていない。

君とボクとの違いは
「君は自分の目で見ながら感情的になって撮影をしている」ということ。

ボクは無感情でキャメラのセンサーに映った映像を明確に見ている」・・これだけの違いでしかない。

被写体が美しいのではない、美しく撮るから美しいのだ。

感動するから美しく撮れるのではない、美しく撮るだけの冷静な心があるから美しく撮れるのだ。

ここんとこが解れば、もうソッチのもんさ😁

この珠玉の言葉(自分でゆうな) 
ゆめゆめ忘れず、咀嚼するよう。

そしゃくの意味は 「咀」の文字にある。右側はハシゴを意味している。ここでは三段に簡略化されているが、これが天空高く計り知れない高さまで届いているということ。それをどこまでも、どこまでも登れという意味だ。
「嚼」は、口でシャクシャクと噛み続けろという意味。ただの丸呑みだの鵜呑みをするな、ということだ。

咀嚼が足りない→深くまで理解してない。

そういう意味だ!!

なんて素晴らしい教育なんだろうね、タイタン君😁

写真の撮り方ひとつでここまで学ぶなんて♪

これが無料とは感無量だ🤣

言えることは、だ・・
キャメラ操作ひとつ覚えるだけで、人生哲学まで学べるということ。ものごとを極めるといことは、哲学を学ぶということさ。

と、いうことで、

みんなトリナォーーシ!!! 

by 噛眼等愛

 

ナイフを撮ってバッグを見よう♪

8時まで眠っちまいました(^◇^;)

お茶を飲んで、皆さんにコメを返し、玄米&味噌汁食べて、ケニーにナイフの撮り方を教えて、珈琲を飲みながらブログを書き始めました。

で、上のスパイダルコは、あのフラットライトと白レフで撮ったものです。このピカピカに光る銀色のナイフはライティングがヒジョーに難しいのです。

いろいろトライしたあげくに、なんとか見られるようになりました♪

背景はシャーツですよ。

そこで今日は、窓際の自然光でナイフを撮ることにチャレンジした結果を見ていただきます。

おっと・・・
その前にコマーシャルやでぇ😁

貴重な教材見せるんやからガマンして待ちいな😆

バッグ類が箱いっぱい出てきましてね・・これが売れてケニーに弾を買ってやれたら嬉しいのでKOちゃんはたくさん買えば熟し前の若いめのオナゴにモテるよーん🤗

 

これは畳めば弁当箱のように小さくなるリュックで、クルマや会社に備えると非常時の物入れとしてヒジョーに役立ちます。背負えるので両手が自由になり、これは便利!!
畳んだフォトを撮り忘れたので、ピギさんが撮り加えたフォトもありますので、こちらをゴランコーゲンしてくださいな。

2点あるようですよ↓

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n438995143

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g438282680

 

サファリランド社から頂いた普通のバッグです・・けど、このロゴで価値はぐっと上がる♪

このバッグにシューティンギヤを詰め込んで好き者たちの間に持ち込むと、さりげなく、これ見よがしにオシャレなので、だれも口には出しませんが「やるなぁコイツ・・」とちょっとジェラシーを誘いますよ😊

「あのさー・・これサファリなんだよなー♪」なんて言葉に出すと「袋叩き衝動」に着火するので沈黙で通すのが男というものよ😁

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/486889654


たぶん・・トモがくれてしばらく使っていたのだと記憶しています。これも、さりげなくオッシャレー!!

プレゼントされたのを売り飛ばすなんて、なんて欲張りなヤツ😤・・はいはい、でもコレが解る人や好きな人の手に渡り、ケニーが9mmブレットの250発(2千円)も買えて練習できれば、結局は世界全体の幸福につながるのですから、物事は大局的に未来をみつめながらおおらかにいくのだとマロンパが、そう言えと怪しげな助言してくれたような気がしますぅ😊

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p772791543

友人宅やGunショップなどに行く時にソフトケースに入れた拳銃の3〜4挺とマグなどを入れて出かけることがあり、そういう時のため、そして買い物用としても役立ち、見栄えのするトートバッグが欲しくてディザインしたもので、ウチの奥様もお気に入りなんです♪
余分がありますので、おひとついかがですか♪

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t737715170

 

フォトでは判りにくいですが、一見して高品質で美しい作りのコンピュータ用バッグです。ガラにもなくラスヴェガスの高級品店で購入したのは20年ばかし前のことかしら。これは銃の背景としても好いので使用したこともあります。自分でディザインしてタフプロで作ってもらうまでずっと使用していました、けど、大切に使ったのでキレイですよ。値段は200ドルくらいだったかな・・当時としては30ドルも出せば安物が買える時代だったので破格のオニダンでした。

タイタン君が、これを商売道具として背景に使ってくれたら嬉しー😁

授業料がタダなんだから1万円をビビっとビッドしなさい!!
もし実行しない場合はフォト教室はキャンセル・・なんてことはしないし、個人的恨みをもつこともありえない。これが1億円とかのディールだったらゴルゴ君をさし向けるだろうがなぁ😆

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n438938528

 

ビッグボウイというズダ袋サイズのデカバッグです。タフプロからもらった・・と想います。タフプロ製かどうか聞くのを忘れましたが、ナンモカモ詰めこめるので飛行機での旅行で大いに役立ちましたよ。季節ごとに服などを整理するのにも役立ちますよ♪

旅行よごれがありますが、洗わないでだしました。このまま使うような豪傑さんのところに奉公させたいです😊

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w401699001

 

古いウエイストパウチです。
ウエスト→西
ウエイスト→胴体のくびれた部分

まあ、西の関係者ならウエストパウチと発音してもいいのですが、宇宙の広さを想うに、そんなこたどうでもよいと😆

ともあれ、
いろいろなパウチを使用しましたが、最終的にはコレが気に入り、使い込むうちに改良案が湧いてきてタクレットのディザインにつながったのです。

これは丈夫なので、まだまだ使えます。KOちゃんが「イチローグッズ館」に納め、米祭りの時に身につけて出かければ、レナウンが無くなったとしてもオナゴたちがワンサカワンサ♪わんさかわんさぁー♪と寄ってくるよ。その中から金銭の要求なんかせず献身的な女性を選ぶとイイと想う♪
しかし、リロンテキにはそうでも、世の中はママナラナイということだけは付け加えておく😁

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x711217282

 

さてさて、
昨日のことですが、大切に保存したまま すっかり忘れていたGサカイのナイフを撮影してみました。
ナイフのメッカ、関の逸品です。鹿ツノのハンドルが美しく、ブレイドも素晴らしい!!

これを夕方の窓ぎわに置くと、このように写ります。ナイフを上手く撮れれば、銃のスライドを表現するのに役立ちますよ。

直射が来る前なのでマイルドに写りますね。光り物は曇り空のほうがよいと想います。

で・・・
ナイフの刃の表現が最重要です、ね?
拳銃で、バレルやスライドをどう表現するかというのがチャレンジなのと同じ、ここに作者の美意識が問われるんです。

この上のフォトだと「ただ撮っただけの能無しのアンポンタンの独りよがりの自意識過剰の独善的でスネ毛があってハナ毛も出ている荒々しいだけがトリエで他人にケチつけることしかできないという、そんな男が撮るに相応しい絵だと・・本気では全然ソー想ってはいないのですが、そういうものなんです😁

これじゃブレイドが黒なのか灰色なのか判りゃしない。自分が判ってるから他人も解るってもんじゃないのよね。

そこで・・

白レフを2枚当ててみますと・・あっ、すでにブレイドがチレーに写ってるぅ♪ ボクにもスネ毛と鼻毛はありますが、それでもこれなら撮れるかも♪

ぱしゃり、

ん・・・
見栄えはようなった・・
けどケルビンが低いんじゃないか?
ブレイドに当たる光が均一すぎて、実際はこうは見えないし、退屈感もありありのアリだ。
コントラストもなぁ😓

レフの角度を変えてみよう・・・
チラッとレフを動かしただけで様相はガラッと変わるけんなぁ・・注意深くやろうぜい・・・

おっ♪ ブレイドが鮮明になった!! 
影の効果でブレイドの形状が判り、刃の先の鋭い部分にハイライトが😲 さてはレフを2枚とも使ったなぁ? ソノトーリさ😁

くくぅ〜🥺・・・

アッザヤカ・・だっ!! 😻

背景が迫ってくる・・にも関わらずナイフを押しのけてシャシャリ出てはいない😲 後ろに控える豪傑軍団の旗印ように頼もしい。

ブレイドに表情がある。
景色もある。
刃先に走るハイライトが凄いアクセントではないか!!

と、射心の神が評論するだけのことはありますね😁

じつはこれ、ヤフオクに出すために撮ったのです。出品用はすごい手抜きでササササと撮るのですが、たまにはマジに撮りたくて、それに試したいこともありますしね。

ところで、これ、ナイフマガジンで仕事をしていた頃に頂いた逸品ですが、キャリフォニアの乾燥でハンドルに1mmくらいのヒビ割れが入ってしまいました。
自分で直そうか、このまま出品して落札者がプロに頼んで修理するようにしてもらうのか・・迷っています。

もしも君がこのナイフをゲットするとしたら、イチに修理のマネごとをさせるのか、自分かプロに頼むのか・・いずれを選択しますか?
そこんとこを聴かせてよん。

いよいよ、この夏からナイフを続々と出品しますよ。
出荷前にケニーに指導しながら撮らせています。

Gun好きなヤツはナイフも好き、クルマにも凝る、オートバイも好き、ミーやん以外は自転車も好きと😆

皆さん、ナイフも撮ってみてよね(^○^)/

by 自然光に凝るボク

 

添削は頭脳労働だ!!

ナイツナイフが出てきたので、ヤフオクに出そうかと想いましてね・・例のフラットLEDライトで撮ってみました、ら😲難しいっ!! 😓

リロンテキには、面積の多いライトは「光り物」に最適なわけなのですが、一般的な「可もなく不可もない」フォトから脱却しようとすると「描写力」を活かすのが困難だと判りました。

 

なんとかフォトショで仕上げましたが、ブレイドを本物のように美しく描写できないのです😰

やはり1灯ライトではなく4灯くらいで気を入れてチャレンジしなければなりません。
いつかヤルさ。

でも、ナイツナイフが欲しい人っていますかね?・・製作は日本で一流のキクさんなのですよ。もーれつ鋭いです!!

 

同じライトでBK20を撮影。この銃は、光を吸い込むのでやっかいなんです。マズルにはレイのシュアファイアを当てました。

マズル付近がミヨーに伸びて写るのはアイフォンの限界かもしれません、のでフォトショでパースペクティヴ(遠近感)を変えて人間の視覚を満足させるようにしました。
ですけど人間でも、この変化を指摘されずに発見できる人はチョー少なく、オリジナルのフォトを見ても「サースガ市は巧いなぁ😁」と言ってくれるのデス😆

しかし、じっさいのところ、これくらいの作品なんてプロの世界ではヘノカッパで、買ってもらえません😂

 

ガラッと趣向を変えて、シュアファイヤを2灯つかいました。赤が効いてますね♪・・ほんとはマズルに1灯ほしいですけどハショリました。だって神経すり減ってメンドクサイんだもーん😓 けどBKの文字に影が引かれておるのはニクイ😁

「黒い中に少しの赤があると、凄く調和します」

これは美の基本といえるでしょうね。覚えておいて、ぜひトライしてみてくださいな。

ふふふふ😊

iPacの茶リップは、自分用としてちゃーんとキープしてるんよね〜♪

これもライティングは上のと一緒よ。

クロッピング(構図)が出来ていると画面に安定感があり「理性」を感じさせるものなんです。

ところで皆さんの構図、めざましく向上しているので驚いていますよ♪
今まで構図なんて、ただのコーズ・・ハイハイみたいにナンも想ってなかったのね😁

では、今日の添削はバットン将軍からいこかね♪

まず、文字色を画面の中からとったので調和があるね。カラーコーディネイションの基本が出来た♪

気に掛かるとこは、
緑のサークルで囲ったよ。

上にキュークツ感があるんだ。右はBKのテイルが切れたように見えて気障りだ。

皆さんは気障りどころか、なんの違和感もないかもしれない・・けどボクには「なんと無神経なクロッピングなんだ😠」と感じてしまう。こんなボクをものすごくピッキーだと想うだろうけど、いずこの世界でもプロたちの熟練度は普通の人には解らないものなんだな。

やがて君達もピッキーになるよ。ならないならゼンゼン上達しないからカクゴしなさい!!

え? ピッキーの意味か・・

「選別者」
「ウルサイ奴」
「眼の肥えた人」
「満足しない者」
「完全主義」

写真学校に入って、最初のクラスでは生徒が70人以上もいて立ち席が多かったよ。先生は言った。「心配するな、3ヶ月すれば生徒の半分は脱落する。2年目には10数人となり、卒業できるのは5〜6人しかいないからな」

そうなる理由は誰にも解らなかった。俺は頑張れるから大丈夫、と誰もが想っていた。だが、現実にそうなった!!

ガラガラになったクラスルームでボクはその理由を理解していた。

理由は、ただ1つだった。

シャッターを切れなくなったのだ。シャッターを切ることの恐ろしさを「識った」からなんだ。

そこを通過できる者だけが「フォトグラファー」に成れる。そういうものなんだ。

それはオイオイ話そうね。


そこで上と右の空間を広げた。これで、見ていて疲れを感じなくなった。

茶色を強調するために色温度(ケルビン)が下がっており、それがグリップに干渉しているのが難ナンだ。だから基調を崩さない範囲で黒に近づけ、グリップフロントの上のトーンを出した。そしてイーカゲンだけど背景の赤を調整した。この場合の赤は、その全体のカタチが大切なんだ。できたら三角にし左側が細くなって右に行くにしたがって広くなる・・にしてみたらどうだろう?・・ま、ここらは好みだけど、言えることは「なんとなくヤルな!!」ということ。「自分の意思を示せ!!」という意味だ。

けど・・「いい加減な意思は示すな!!」と言われる。・・なっ?・・段々に怖くなってくるだろ?

うわははは😁

ようこそ写真の世界へ!! \( ˆoˆ )/

ちゅうわけでバットンはトリナオーーシ!!

暗すぎるねベレッタが・・
白がキツくてベレッタの輪郭線を殺してる。
ハンマーあたりの左の影は困る。
だけど、構図に気を使って努力したことはアリアリアリと感じられる。メッセイジは受け取ったよ😊

グッと明るくしてみた。

するとこんなに銃の地肌が映されているではないの!!
だけど背景がピーカンに明るくなったな😓

ライティングの時に、背景と被写体との明暗比を調和させないといけないわけだね。

いやもう難題が何台やってくるかわからんぞー!!
まけないでくれー!!

荒いけど、フォトショでイメージを出してみた。ここでの文章を熟読し、まだ理解はできないからもっと熟読し、そうたやすくは解らないからさらに撮影を続行し、その経験を積んだらイーチが何を書いているかが理解でき始める。そうなる頃の君はかなり巧いフォトを撮っている、というわけだ。

とりなおおぉーーし!!

 

はい、ルーさん、

「マズルの辺が暗いかな?・・・」

自分で解っているんなら先生に見せるんぢゃないっ!! 😠 と怒られたもんだ😆

マズルの暗さよりもイヤなのは、その右側にある影だよ。これは致命的だ。ライトを右にズラせば影は消えるし光の当たり方も平均になるよ。


マズル周辺をクリンナップし、フレイムの下にある影を優しく伸ばしてみた。ちょっと立体感でたね♪
これくらいはフォトショに頼らず、微細なライティングで勝負できますって♪


背景で、とくに右下の空間が視覚的によくないので影を引いたよ。これで観る人の眼はイヤオーなく銃に向いて行く。

「見せたいところを見せよ」
「見せたくない部分は引っ込めよ」

と、これも大切だね。

で、このままでは「眠い」のよね。これは写真用語で、コントラストが足りない、という意味ね。

ちょっとキリッとさせたいよね。

キリッと霧が晴れた♪
もちっとコントラスト上げてもよかったなぁ😰

とりなぉーーしっ!!

 

タクミ君、😓

いつも黙々と仕事をし、綿密に成し遂げている・・というのがタクミのイメイジなんだけど・・フォトシュートとなると、こうも眼がとどかないのかとワタシはオロロくよ😁

パッと、これを見て感じるのはグリップの暗さ、そしてそれよりショックなのはフロントサイトまわりだ。
銃を置く時に板の位置を1秒間でいいから吟味してほしい。

サイトに虫が2匹もたかっているんだよ😠

だから・・

こんなふうに、撮り直しっ!!
スライドのトーンを飛ばさないように!!

「飛んでいる」→写真用語で、明るすぎて地肌のトーンが消えていること。

以上!!

by 添削の疲労で疲れて疲弊してるボク

GTナイフのプロダクションプロト

GTナイフの工場ではキャリフォニアでは珍しく 白人ばかりが働いていました。みんな知的で熱意のある人たちでした。彼らは、記念モデルを作るのが好きでしたよ。そこで・・・

SEALティームの記念モデルなんて出来ないの?・・と質問すると、そりゃ良いアイディアだと大賛成。さっそくロゴを入れてくれて 最初のプロダクションプロトとして贈ってくれました。シリアルが 0000です!!
そこにどれだけの価値があるのか知りませんが これそのものが、その第1号というわけです。
だからナニ?→ロマンだね(^o^)

そこで、始めの100挺くらいでしたか・・を仕入れさせてもらい、ジャパンのマーケットに出したのです。

こんな貴重品を手放すの?

ご心配なく・・
飛び出しGTを数本キープしてまっす(^。^)

ヤフオクへ↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n322221391