迷惑行為

私は犯罪に巻き込まれたことはありませんが、

迷惑行為に遭遇することは年中です、

店に立小便されたり、深夜大騒ぎされたり、

満員電車でお年寄りがいるのに座席に荷物を2個も置いて占領する輩。

昨日など、酒酔いした若者達が店前に止めている原付を

いたずらで持って行ってしまい追いかけて取り返し たりと・・・・
(相手はゴメンナサイしました)

そのうち1/3ぐらい逆切れしてきます。

危ないから注意なんかしない方がいいと、多くの人が言いますが

どんなもんでしょうね?

体力もない、ヒョロヒョロの年寄で、住居も見え見えなのに

勝ち目無いのに結構注意します、

これが正しいのか、見ないふりしたほうがいいのか・・・

悩みどころです。

追伸 逆ギレれする相手の9割方は
「ほら、殴れよ~こら~」と挑発してきます、そのくせ腕をつかんだりすると
「さわんじゃね~よ」とすごみます。
どしたらよかんべ~です。
今迄は商店街の人々が沢山出てきて
事無きを得ています。

by アクトン

ジャパニーズは正直で優しい・・と、日本に行ったことのあるアメリカ人たちは一様に言います。しかし、実のところ日本は「小暴力」の温床ではないかと。白人コンプレックスなので白人には優しくヒコヒコしているけれど、相手が弱いと見るや ズにのって威張り散らすのも日本人です。

アメリカでは、あまり小暴力はありません。痴漢もいるのでしょうが、聞かない。警察も痴漢などにはすごく厳しく、弁護士は慰謝料を狙っていますから(^◇^) 立ち小便は、すぐに通報され、パトカーが飛んできて逮捕、500ドルの罰金。

ただ、アメリカには大暴力が多いのです。いきなり強姦。道ばたでの恐喝。誘拐。強盗の家屋侵入。多い多い。しかしね、そういう場合は射殺できるからいいのよ(^◇^)

ところで、アクトンはイチローと共に日拳道場に通った仲ではないか。相手の顔面に3連打のパンチを送り込めるではないか。やっちまえよ!!・・・と言いたいが、小暴力に対してソレはまずいな。それにアクトンは心が優しいからな(^^) 

騒動があると商店街の人々が集まってくる、それはとてもイイ!! 日ごろ、暴力への備えを語り合い、瞬時に集まれるような態勢を作っておくといいよ。市流ハニビーを学んでおくとはるかに強いゾ♪ 

このごろの逆ギレヤカラは突然にナイフを抜くかもしれないので、それを想定すること。ホウキの1本くらいは持ってから話すこと。あくまで温厚に話しながらも、なんならやるぞ、という手強さを感じさせること。

それと、こちらが複数の場合は、すぐに動画を録り始めると かなりのプレッシャーを与えることができる。ヤカラは自分の姿が記録されるのを恐れるから。でも、これは状況判断が難しいので想定訓練をするべし。

たいていのことは見逃してやるという気持ちを持つべし。どうせ、そういうヤカラはいつかどこかでヒドイ目に遭うものさ。

もしもかかってきたら、その場でヒドイ目に遭わせてやってくれ。そして必ず警察を呼ぶこと。

もっと書きたいけど、いずれまたネ(^-^)/

想い出深いアランフェス

 

 

 アランフェス協奏曲・・・
タクシー運転手をやっていたころによく聴いた曲です。子どもに聴かせてやろうとしたところ、すでに寝ていました(^◇^;)

水泳だ、ジムナスティック(体操)だ、柔術だ、などと夏休みを忙しく過ごしているので疲れているのです。

では、イチローさんも寝まぁ〜す(^-^)/

インサイダーという映画を観よう

https://www.sankei.com/life/news/180710/lif1807100025-n1.html

喫煙する男性(写真はイメージ、早坂洋祐撮影)喫煙する男性(写真はイメージ、早坂洋祐撮影)

「たばこは薬物」などと発言した福島県郡山市の品川万里(まさと)市長に対し、日本たばこ産業(JT)東北支社や郡山たばこ販売協同組合など関係10団体は10日、発言撤回を求める意見書を同市長に提出した。

品川市長は先月4日、市を訪問した日本禁煙学会関係者に「たばこは嗜好(しこう)品ではなく薬物だ」と発言し、市議会で反発や謝罪を求める意見が相次いでいた。

同市役所では各団体から8人が「市長の発言は遺憾。撤回と謝罪を求める」などとする意見書を品川市長に手渡した。品川市長は「これまでの議会での答弁をごらんいただきたい」と述べ応じなかったという。

同社の筑摩秀康郡山支店長は「市長の発言にはがくぜんとした。市内には何万人もの愛煙家がいるが、一般的に『薬物』という言葉は、違法であるかのような受け止めをされる。今後、どう対応するか検討していきたい」と話した。

同市は、昨年6月に市関連施設の敷地内全面禁煙を柱とする「受動喫煙防止対策指針」を策定、約600カ所で灰皿の撤去や喫煙所閉鎖に踏み切っている。10団体は敷地内全面禁煙の方針の見直しも求めた。

兄が郡山市に住んでいたときに行ったことがありますが、ここは子どもへの教育が発達した良いところなんだと兄は言ってました。
そこの市長さんが「タバコは薬物」だという、いまや常識となっいるようなことを言って非難されいるそうです。

ワシの見解としては、タバコが薬物なのかどうかは知りません、けど「毒物」だとは信じています。タバコはこれまでに大勢の人々を殺してきたと想っています。これからの子どもたちを守るためにタバコは今の世代で抹殺するべきだと考えています。

タバコ産業に関わって収入を得ている人々は、迫り来る嵐から避難するように、先々を読んで今のうちに職業を変えるべきであり、若者はタバコに関わる会社で働くことを避けないと彼らの将来が危ないと想います。なぜかというと、世界の趨勢を観るに「タバコはカネにならない」という時代が到来すると想われるからです。

まあ、いろいろと異論はあるでしょうけど、異論をのたまうまえに「インサイダー」という古い映画を観ましょう。
アメリカのタバコ産業で働く重役が考え方の違いでクビになり、テレビ番組の熱血ディレクター(アルパチノ)によって励まされ、ひどいめに遭いながらもタバコに麻薬性があることを証言するという上質なグリッピング ドラマです。もちろんストーリーは事実に基づいて作られ、事件が明るみに出た当時は大きな反響がありましたよ。

マロンパは、もう1度この映画を観て感想を書かないと金輪際サインはしないし、秘密をもらしたら殺し屋を差し向けるからな。←なんのこっちゃろか (^○^)

ともあれ、郡山市の市長さんが群がる敵に屈しないよう願っています。

「タバコが人を殺すのではない、人が人を殺すのだ」

さすらいのガンマン (^-^)/

哀しく そして心にやさしい曲を・・・

 ただ沢山の雨が降っただけで、亡くなられた人の数は200人に達するのではないかという大きな惨事・・・・・・

夜になって、ようやく涼しい風が吹いてきて娘と音楽など聴いています。

痛む心で聴いている曲は、モーツワルトが人の世の儚さを哀しく優しく感じさせてくれるクラリネットの五重奏・・の2楽章です。

 なお、全曲を聴きたい方には、演奏の良いこちらを・・・